ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

イラン

 1979年の革命でイスラム共和国を樹立して以来、政教一致体制を維持。人口約8千万人の90~95%がシーア派イスラム教徒。シーア派高位聖職者の最高指導者(現在はハメネイ師)が国防や外交の最終決定権を持ち、その下に大統領や国会が存在する二重構造の政治体制。2005年発足の保守強硬派アハマディネジャド前政権下で国際社会との関係が悪化したが、13年に就任した穏健派ロウハニ大統領は15年7月、核開発の大幅制限を受け入れる見返りに米欧が制裁を解除する核合意を欧米など6カ国との間で締結。国際社会での孤立脱却を進め、17年5月の大統領選で再選された。

2018年01月06日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]