ワードBOX

※ワードの説明及び記事の内容は更新日のものです。

福島第1原発の津波想定

 1号機建設当時は高さ海抜約3・1メートルの津波を想定した。国の地震調査委員会が2002年7月に出した大津波の危険を指摘する長期評価に基づき、東電が津波シミュレーションを行ったのは08年春。敷地の高さを大きく超える最大15・7メートルの津波の危険性が示された。東電はこの結果を11年3月の事故直前まで当時の経済産業省原子力安全・保安院に報告せず、具体的な対策も取らなかった。

2018年01月30日更新

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]