ワードBOX

新聞記事に使われた語彙(ごい)を説明した新聞用語ひと口メモ。このページでは新聞に掲載されたワードBOXとその関連記事をピックアップして紹介します。

最近のワードBOX

再就職支援事業(2003年04月18日更新)

 アウトプレースメント・サービスと呼ばれ、1960年代にアメリカで始まった人材ビジネス。国内では82年に業界大手のドレーク・ビーム・モリン社が日本法人を設立した。96年にはわずか15億円だった市場は5年で10倍以上に拡大、今も右肩上がりに膨れ上がっている。それに従い新規参入も急増中だが、全国的には200社を超す乱立状態ともいう。九州では10社前後が営業展開している。

石炭六法(2003年04月18日更新)

 石炭採掘による鉱害復旧や、炭鉱閉山に伴う失業者対策などのために1952年から67年までに相次ぎ制定された6つの法律をまとめた総称。国の公共事業補助率を引き上げる「産炭地域振興臨時措置法」(産炭法...

ハロペリドール(2003年04月17日更新)

 統合失調症や躁(そう)病の治療に使われる精神安定剤。セレネースなどの商品名で販売される。白や黄色がかった結晶や粉末の状態で、においはなく水にほとんど溶けない。不安や興奮状態を抑える効果があるが、筋肉がこわばったり手足が震えたりする副作用があり、妊婦や小児への投与は特に注意が必要とされる劇薬。死亡するケースもある。

ヒトゲノム(2003年04月17日更新)

 人間の「生命の設計図」とも言える遺伝情報の総体。具体的には46本の染色体をつくるDNA(デオキシリボ核酸)の塩基の配列で、この中に約3万2000個の遺伝子がある。遺伝子の塩基配列の微妙な違いが人...

国連人権委員会(2003年04月17日更新)

 国連経済社会理事会の下部機関。国連憲章の下ですべての人が人種、性、言語、宗教による差別なく生活できるよう1946年に創設。毎年3月から4月までジュネーブで定期会合を開催。最近は、米国提出による対...

国民負担率(2003年04月17日更新)

 国民所得に占める、税と社会保障負担の割合。2003年度の見通しは36・1%で米国とほぼ同水準。「高福祉高負担」で知られるスウェーデン(2000年)の76・5%や、ドイツ(同)の56・5%を大きく...

社会保険診療報酬支払基金(2003年04月17日更新)

 健康保険組合などに代わり、病院などから請求された医療費を審査し、支払う特殊法人。厚生官僚の天下り機関などと批判され、ことし10月に民営化される。現在、大半の診療報酬明細書(レセプト)を独占的に処理しているが、規制緩和で他の審査機関も参入が可能となった。

障害者基本法(2003年04月17日更新)

 障害者施策に関する基本理念を定めた法律。1993年12月に改正・施行された。国、都道府県、市町村に障害者計画の策定を求めているが、2001年度末で528の市町村が策定していない。12月9日を障害者の日とし、施策の概況報告書(障害者白書)を毎年国会に提出することなどを国に求めている。障害者の間では「障害者の権利や差別禁止が具体的に規定されていない」との批判がある。

新安沈没船(2003年04月16日更新)

 1975年に韓国南西岸の新安沖で発見。84年までの調査で船体とともに積み荷とみられる大量の遺物が見つかった。木簡に残る年号、寺社名などから1323年、元(中国)の慶元(現在の寧波=ニンポー)を出...

アキレ・ラウロ号事件(2003年04月16日更新)

 パレスチナ解放戦線(PLF)アッバス派のメンバー4人が1985年10月7日、エジプト沖でイタリア客船アキレ・ラウロ号を乗っ取った。ユダヤ系米国人の乗客1人を射殺し、イスラエルに捕まっている仲間51人の釈放を要求した。事件発生から2日後、犯人は国外への自由退去を条件にエジプト当局に投降。空路チュニスに向かったが事前に察知した米軍が飛行機をシチリア島に強制着陸させ、4人はイタリア当局に逮捕された。

豊予海峡ルート(2003年04月15日更新)

 豊予海峡に隔てられた大分県・佐賀関半島―愛媛県・佐田岬半島間(約14キロ)を架橋や海底トンネルで結ぶ構想。1998年度に大分、愛媛両県の調査委員会が「豊予海峡架橋は技術的に可能」と報告した。多軸型国土構造への転換を目指す全国総合開発計画(全総)「21世紀の国土のグランドデザイン」の太平洋新国土軸の重要プロジェクトに盛り込まれ、事業実現の可能性を探るため、風、地震、波浪などの測定が続いている。

北朝鮮核問題の多国間協議(2003年04月15日更新)

 北朝鮮が米国との直接対話を求めてきたのに対し、米国が2国間協議には応じない姿勢を示してきたため、日本政府は北朝鮮を含む多国間協議の枠組みを作り、その中で核開発問題の解決を目指す構想を各国に働き掛...

ハムラビ法典(2003年04月14日更新)

 バビロン第1王朝の王でメソポタミア地方を統一したハムラビ(紀元前18世紀ごろ)が制定したくさび形文字による法典。当時の法律を集大成した成文法で刑は「目には目を」との復讐(ふくしゅう)法に基づく。20世紀初頭に発見され、パリのルーブル美術館に所蔵されている石碑が有名だが、法典の粘土板は旧バビロン王国の各地で発見された。

帝京大の不正寄付金問題(2003年04月14日更新)

 帝京大が受験生側から入学前に寄付金を受け取っていた問題。入学前の寄付は1981年に、当時の文部省が「裏口入学の温床になる」と通達で禁止していたが、冲永荘一元帝京大総長の実弟・冲永嘉計被告(59)...

中央官僚の出向(2003年04月14日更新)

 国がまとめた中央省庁と地方公共団体の人事交流状況によると、国から都道府県への出向者(1999年)は1177人、市町村へは413人。福岡県(福岡、北九州両政令市を含む)は11人で、千葉、兵庫県に次...

再選挙(2003年04月14日更新)

 地方自治体の首長選挙で、トップの得票が有効投票総数の25%に達しなかった場合、代表者にふさわしくないとの判断から再選挙を行うことが公選法に規定されている。「当選人なし」が告示された後、選挙結果への異議申し立て期間(14日間)を経てから50日以内に再選挙を実施する。1952年の現行制度発足以来、知事選では例がなく、一般市町村長選でも79年の千葉県富津市長選、92年の奈良県広陵町長選の2回だけ。

派遣社員と契約社員(2003年04月13日更新)

 企業の雇用形態は多様化している。派遣社員は、人材派遣会社と雇用契約を結んだ個人が派遣先の企業で働く。派遣会社が企業から派遣料を受け取り、その一部を派遣社員に給与として支払う。1986年から認めら...

復興人道援助室(ORHA)(2003年04月12日更新)

 大統領令に基づいて1月20日に設置されたイラク戦後復興のための米政府組織。国防総省の下に置かれ、室長はガーナー退役中将。現構想によるとORHAは戦争直後に復興の民生部門を担当。徐々にイラク暫定統治機構(IIA)に機能を移管、最終的には顧問的な役割になるとされるが、具体的な役割や位置付けは明確になっていない。既に英国やオーストラリアの政府関係者が参加している。(共同)

愛知県暴走族追放促進条例(2003年04月12日更新)

 暴走族グループの数や走行台数が全国でも突出し、ひったくりなどの路上犯罪の温床にもなっていることを背景に制定、1日から施行された。未成年者を暴走族の構成員に勧誘すると、6月以下の懲役または50万円以下の罰金が科される。またガソリンスタンドや自動車販売、修理業者に対し、暴走行為に使う車両への給油や部品販売などの自粛を求めている。

イラク復興5原則(2003年04月11日更新)

 川口順子外相が4日に発表したイラク戦争の戦後復興に臨む政府の基本方針。(1)イラクの主権、領土の一体性維持(2)イラクの体制はイラク国民が決め、国民の手で良い統治を確立(3)国連の十分な関与による人道、復興支援(4)日本としての切れ目ない関与(5)日本の非政府組織(NGO)など民間の積極的参加―の5項目からなる。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]