入店を断られ激怒、女性経営者らに暴行 暴力団組長を容疑で逮捕 福岡県警

 飲食店への入店を女性経営者に断られたことに激高し、暴力をふるったとして、福岡県警北九州地区暴力団集中取締現地本部と八幡東署は11日、暴力行為法違反容疑で、北九州市八幡東区帆柱1丁目、暴力団工藤会傘下組織組長の男(62)を逮捕した。

 逮捕容疑は、8月4日夜、飲食店への入店を断られたことに激高。この男が暴力団員であることを知っている女性経営者に「この店には『暴力団立ち入り禁止』の標章は貼ってなかろうが」「昔は来てよかったのに、なんでそんな態度を取るんか」と怒鳴り、女性を突き飛ばした疑い。

 さらに、組長の行為をとがめた男性に対し「何か、こら」「お前、俺が誰か知っとるんか」などと怒鳴って男性の腕をつかむなど、暴力団の団体威力を誇示して威迫し、暴行した疑い。

=2017/10/11 西日本新聞=