J2福岡 神山、堤が退団 山瀬契約満了も発表

J2福岡を退団するGK神山
DF堤

 J2アビスパ福岡は22日、元日本代表のMF山瀬功治(37)とGK神山竜一(34)、DF堤俊輔(31)が契約満了に伴い退団すると発表した。3選手とも現役続行を希望している。

 神山は2003年に立正大淞南高(島根)から加入し、アビスパで最長の16年間在籍。J1・J2通算242試合に出場したが、ここ2年間はリーグ戦での出場がなかった。クラブを通じて「レベスタで僕の名前を歌ってくれるあの応援が耳から離れません。心残りですしこれから聞けなくなるのは寂しい」とのコメントを出した。

 堤は12年に加入。15年には40試合に出場し、守備の要としてJ1昇格に貢献した。クラブを通じて「福岡の皆さん、7年間お世話になりました」とコメントした。

=2018/11/23付 西日本スポーツ=