秋山幸二氏「昔、近鉄は打線が調子が悪いときボール変えてた」/ホークスOBトーク1

トークショーで笑顔を見せる秋山幸二氏

 ソフトバンクは6月2日のDeNA2回戦(ヤフオクドーム)を、球団創設80周年企画「レジェンドデー」の第3回として開催した。ゲストとして招かれたダイエーOB、ソフトバンク前監督の秋山幸二氏(56)が試合前、球場に隣接するヒルトン福岡シーホークでのトークショーに登場。ファン約210人を前に語った内容をお届けする。全4回の第1回。

-会場の皆さんがお待ちかねでした

 ようこそ。こんにちは。

-この日のために美容室に行った方もいらっしゃるとか

 皆さん行かれたんでしょ?(場内:笑)

-スーツ姿が決まっています

 …(おなかをポンポンとたたいて苦笑)。いやでも変わったっすね。ほんと筋力が衰えてますね。もう56歳になりますんで。はい。

-全然、変わらないように見えます。大人の男としての色気が増したのでは

 いや、落ち着きがないという(苦笑)。

-今回は「レジェンドデー」のゲストとしてのトークショーです。

 ねえ。皆さんずっと、ホークスを応援されてね。ありがたいですね。交流戦、始まりまして(ソフトバンクは)連勝ということで、頑張ってますね~。いやー今年はちょっとね、ケガ人が多い。特に岩崎とサファテね。先発ピッチャーにかなり負担がきてるんじゃないかって感じで見てるんですけど。その中でも、みんな力を合わせて頑張ってますけどね。

-交流戦はパ・リーグが優勢です

 そうですね。あのー、ここ何年もやってますけどね、強いっすね、やっぱりね。各ピッチャーがね、やっぱタフですね。DH制があるでしょ。DHに入るバッターって、打力が主で、あんまり守れないバッターが必ず入ってきますんで。その1人分っていうのがね、かなり影響が大きいですね。

 セ・リーグの場合は、ピッチャーが必ず(打線に)入るでしょ。そうすると、そこはね、(相手)ピッチャーにとって、楽なんですよ。ピッチャーが絡んでくると。1人分と思うけど、意外と。それぐらいやっぱり、パ・リーグは大変なんだね。(打線が)線でつながるようになってて。毎回毎回、しっかり抑えなきゃとか、先頭打者出さないようにしなきゃとか。だからすごくタフなピッチャーが多いですね。

-さて、今では常勝軍団のホークスも、秋山氏が西武から移籍した当時はまだ弱かった

 うーん。遠い過去の話ですから(笑)。それがあったからまたこう、逆にこう、強くなって、優勝する喜びをね、皆さん共有して。それを毎年やっていこうというふうにね、ファンの皆さんと一緒に選手もやっていくんで。ま、強いのは(昔の時代が)あったからですよ。

-会場の皆さんは西武・秋山がダイエーへトレードされた時、どんな気持ちでした?

(場内から「ありがとう」の声)

 ありがとう、ですか(笑)。もともと福岡はね、西鉄ライオンズがあって、西武ファンの方々がすごく多かったですよね。ダイエーが最初、入ってきた(南海の身売りで大阪から移転してきた)時に、西武が年間何試合かね、平和台球場で試合をやるんですけど。(ダイエーのホームではなくても)他のチームがホームとして持ってきたりとか。西武が持ってくるってあんまり、なかった。

 やっぱりこう、球場が真っ青になるんですよ。青。外野スタンド、内野も、全部。ビジターなのに。それがね、ダイエーが来て、だんだん、だんだんね、外野を見ていくと分かる。だんだん、オレンジが増えていくんですよ。内野も。あー、これやっぱ、ダイエーホークスが福岡に根付いてきたなっていうのはね、見てましたけど。はい。

-移籍当初のダイエーの印象はどうでしたか

 そうっすね…うーん。うーん…ですね(笑)。まあ敵チームとしてはね、見てましたけどもね。ほんと、個々の能力はすごい選手がいっぱいいあるな、というのはすごく感じてましたね。

-なかなか上位進出できていませんでした

 そうですねー。あのー、うーん(笑)。まあ…そうですね。うーん。まあ、つながってなかったっていうんですかね。うん。目標がこう、あやふやになってたっていうのかな? それが一番大きかったんじゃないかっていうのはありますね、やっぱりね。うーん。

-当時は福岡ドームが開場したばかり。グラウンドが広く、高い外野フェンスは「グリーンモンスター」と呼ばれていました

 あれはキツかったですね。あれで腰、痛めましたね(苦笑)。僕の打球って、基本的にはやっぱりライナー系でいくのが多かったんですよ。西武とか、昔の球場って、フェンスの高い球場ってあんまりなかったんですね。だから上に上げなきゃいけないっていうんでね、打ち方、変えたりとかしてまして、それで腰、痛めたりしてましたね。

-最初の印象は。やはり大きいなと?

 広いですね。できたときはですね、多分、メジャーの球場も含めて、3本指ぐらいに入っちゃう広さ。うん。それぐらい大きいんすよ。で、まあ最初のころはそんな飛ばないボールっていうかね。フフ。まあ、そういうボールだったんだけど。いろいろ種類がありましてね。メーカーごとに。飛ばないやつがあるんですよ。一番飛ぶのがミズノのボールなんです。

-そういう時代だったんですね

 昔はね…球団は試合の、その、3連戦が始まる前に、コミッショナーの方にね、届けを出すんですよ。「今日このメーカーを使います」「この3連戦はこれです」って。変えていいんですよ。で、近鉄なんかはね、打線が調子悪いときは、あのー、飛ばないボールで。このメーカーにしますとかって。昔はあったんですよ。ええ。

 ジャイアンツの試合、見に行ったとき…解説で行ったときですね。ジャイアンツはミズノのボール使ってたの。で、結構、飛ぶんですよ。で、後楽園じゃない…東京ドームで、ジャイアンツの選手ね、松井(秀喜)とか、ブーンと振って、もう壁に当たってるんですよ。バンバン、バンバンって。

 で、ヤクルトが練習始める。サンアップってメーカーのボールがあったんですね。ヤクルトに。多分、契約してた。これが全然、飛ばない。そのぐらいね、違ってた。ボール。今は統一球って、こうやって1個のメーカーになりましたけども。これでやっと平等になったかなっていう感じになりますけどね。

-現役時代、福岡ドームでホームランを打つ姿が格好良かったですね

 ええ…(場内の拍手に照れ笑い)。昨日(6月1日ソフトバンク-DeNA戦)の柳田のホームラン、完璧やったね。ハハハッ。あれは…もう、本人がねえ、納得した、ああいうホームランって、多分ね…僕も400本以上打ちましたけども、何本かしかない。もう完璧に打って、バランスよく振って、バットの向きも。それでもう、走んないじゃないですか(笑)。

-そういう時は打った瞬間、気持ちいいものですか

 ああ、僕の場合は、ホームラン打ちたいなぁっていう気持ちがあったので。ホームランの失敗がヒットっていう感じがあった。ホームラン打っちゃうと、オッ、やったなっていう感じがあるんですよ。納得するっていうかね。うん。それは、満足感っていうんですかね、それはありますけど、打った瞬間。あと(ベース)一周、回ってくる時。

 でもね、回ってきたら、もう次の打席のこと考えちゃうよ。ほんとね、ほんと喜びはちょこっとなんですよ。時間は止まってないですから。どんどん、どんどん動いていくんで。一瞬なんですよ。打って、捉えて、打つ瞬間に、こうやってバットを出す瞬間に、あっ、捉えたってもう分かって、ボンと飛んでって、あっ入った。「やったー」って一周回って、ベンチでハイハイ、やりましたって(ハイタッチ)やって、ベンチに座った瞬間、次はどういうピッチングしてくるのかな…とかね。次の守備のことを考えたりとか。

 だからほんの一瞬、喜びがあってね。

 (2につづく)

=2018/06/05 西日本スポーツ=