ソフトBミランダ30時間かけて来日 最速152キロ「直球に自信」17日入団会見

家族と共に福岡空港に到着し笑顔のミランダ(左端)

 新外国人投手として福岡ソフトバンクが獲得したキューバ出身左腕のアリエル・ミランダ投手(29)=前マリナーズ3A=が16日、来日した。自宅のある米マイアミを出発し、空路香港経由で福岡空港に到着。30時間近い長旅にも疲れを見せずに「日本でプレーをできる機会を頂いた。うれしい」と笑みを浮かべた。夫人と2人の息子と一緒に福岡の地に足を踏み入れた左腕は17日にヤフオクドームで入団会見を行った後、当面は2軍で調整する予定。「一番自信があるのは真っすぐ。どんな役割でも与えられたところでしっかり投げたい」と意気込んだ。ミランダはキューバを亡命後、2015年にオリオールズとマイナー契約を結び、16年に米メジャーデビュー。最速152キロの直球を武器にメジャー通算44試合の登板で13勝9敗、防御率4.72の成績を残した。

=2018/07/17付 西日本スポーツ=