声優初挑戦のソフトB柳田を黒木瞳がべた褒め 共演アニメ映画PR 黒木は始球式にも登場

セレモニアルピッチで投げる黒木瞳さん
映画「インクレディブル・ファミリー」に声優として、ひと言出演する柳田(左)と黒木瞳さん

 ◆ソフトバンク-オリックス(5日・ヤフオクドーム)

 公開中のアニメ映画「インクレディブルファミリー」の声優を務めている女優・黒木瞳がセレモニアルピッチに登場した。

 赤いTシャツ姿でマウンドに上がり、一塁方向にそれたものの、ほぼホームベース付近に到達する投球を披露。出身地でもある福岡で、大声援を受けながら大役を果たした。

 「インクレディブルファミリー」には一言声優としてパ・リーグ6球団から選手が一人ずつ出演しており、試合前にはソフトバンクから参加した柳田が、黒木とヤフオクドーム内で映画をPRした。

 柳田は「何があった」というセリフを担当。「50回ぐらい言わされて、もう汗だくになった。できあがりを見たけど、50回中もっといいのがあったやろと…」と、収録時の秘話を披露して苦笑いした。

 それでも、黒木が「ひと言しかないんだけど、すごく上手だった。お目にかかれてうれしい」とべた褒めすると、柳田も「黒木さんに褒めていただいたので頑張ってよかった」と満足そうだった。

=2018/08/05 西日本スポーツ=