ちょっと聞いて
トラブル

「同意なき性交」どう考えますか【参院選「選択」③】

2022/07/02 12:44 (2022/07/04 13:27 更新)

【参院選「選択」③】

<積み残された「同意なき性交」 法改正求める声、政党動かす>

その議論の着地点は、まだ見つかっていない。昨年10月に始まった「法制審議会(法相の諮問機関)」の性犯罪部会。刑法の規定見直しに向け、弁護士や検察官、被害当事者、臨床心理士らが意見を出し合う。被害者が強く求めるのは、当事者間の「同意」のない性行為を罰することができる罪の新設。…続きはこちら

<あなたの特命取材班から>

性犯罪は2017年の刑法改正で110年ぶりに条文が大幅に変わりました。強姦(ごうかん)罪から強制性交罪に名称が変更され、男性も被害対象に加わったほか、法定刑の下限は懲役3年から5年に引き上げられました。


 

一方、昨年、法務省の検討会がまとめた刑法の性犯罪規定見直しに関する報告書では、「同意のない性交」について、処罰対象とするよう強く求めた性犯罪被害者らの意見と、慎重な意見の両論が併記される形となり、結論は先送りにされています。(福間慎一)


皆さんは、「同意なき性交」をはじめとした性暴力への対応策について、どう考えますか。以下のコメント欄にご意見をお寄せ下さい。※コメント欄が表示されない方は、こちらのリンクをクリックしてください。


◆  ◆

主要政党の政策を、以下のリンクから見ることができます。

自民党立憲民主党公明党日本維新の会国民民主党日本共産党れいわ新選組社民党NHK党

参院選は7月10日の投開票に向け、候補者の訴えも熱を帯びています。物価高、ウクライナ侵攻を受けた外交・安全保障、新型コロナウイルス、人口減少…。西日本新聞は、九州各地の争点の現場を歩き、地域の今を見つめる連載「選択」を掲載中です。みなさんのご意見も募集します。


寄稿者:西日本新聞

PR

PR