怒ってます
コロナ

時短違反店に罰則なし、いいの?

2021/07/16 19:55 (2021/07/16 19:55 更新)

福岡市内で飲食店を経営しています。昨年から新型コロナウイルスの「緊急事態宣言」や、「まん延防止等重点措置」期間中、福岡県の指示による酒類提供中止や時短営業を守ってきました。今後も従うつもりです。経営は苦しいですが、雇用調整助成金などで、何とかやりくりしている状況です。私自身は健康ですが、他人にうつすようなことがあってはいけないと考えています。

しかし近所では、時短営業の張り紙をしながら、深夜まで酒提供ありの営業していた店が多数ありました。有名店と言われるところもそうでした。先日、違反の是正命令に従わない15店に対し、県が過料を科す手続きに入ったとニュースで見ました。一方で、ほかに違反の疑いが確認されたという700以上の店は罰則なしとのこと。真面目にやってる私がばかみたいで、やるせないです。

そんな対応でいいのでしょうか。皆さんはどう思いますか。

 

【あなた特命取材班から】

福岡県によると、違反の疑いがある店は5月からの緊急事態宣言中は313店、6月21日からの重点措置期間中は765店でした。これまでに、そのうち50店が協力金を申請し、3店には不支給が決定されました。47店は県の調査に「掃除中だった」「従業員でミーティングしていた」などと説明し、支給の見通しということでした。疑いのあった大部分の店は協力金を申請しない代わりに、営業していたとみられます。是正命令が一部にとどまっていることについて、県は「罰則ありきよりも、話し合いを重視している」と説明しています。また、補助金の不正受給は、詐欺罪に当たると注意を呼び掛けています。

寄稿者:福岡市の飲食店経営者

PR

PR