受付終了

【結果】天神のランチ、あなたの思い出の店を教えてください!

福岡市中心部の再開発促進策「天神ビッグバン」で、街の風景が大きく変わる天神地区。ビルの建て替えに伴い、閉店したり、移転したりした飲食店も少なくありません。天神ランチの思い出深いエピソードや、復活してほしい飲食店についてアンケートを実施します。忘れられないあの店、もう一度会いたい一皿…。ぜひ、コメントをお寄せください。

受付終了日:2021/12/03
あなとく

アンケート結果

初めてのデートで入ったあの店、お金がない学生時代におなかを満たしてくれたあの店…。誰にでも、忘れられない店や思い出の味ってありますよね。ランチ激戦区でもある福岡市・天神はそんな名店の宝庫。でも、今はもうなくなったり、移転してしまったりしているところも少なくありません。あなたが一番復活を望む店はどこですか? お気に入りのメニューやランチにまつわる思い出は?そんな声を集めてみました。

■ツンドラ(ロシア料理店)

40年以上前、ロシア料理を初めて食べたお店。ボルシチのほろほろしたお肉、つぼ焼きスープ、どれもおいしくて感激しました。家族や友達と何度も通いました。(Kelly=65歳女性、福岡県大野城市)

■喫茶プリンス(喫茶店)

さばけたスタッフ、チキン南蛮や日替わりなど、どれもおいしいランチ、落ち着いた雰囲気…。とてもゆっくりした時間を過ごしました。(はやし=38歳女性、パート、福岡市)

■とん(トンカツ料理店)

40年近く前、会社に入ってすぐ先輩方から連れて行ってもらいました。サクッ、カラッと揚がっていて、とにかく美味。千切りキャベツはおかわり自由、最高のお店でした。(化け猫=60歳男性、福岡市)

■食事処トキハ(博多ラーメン店)

オーナーのおじさん、おかみさんが作るラーメンは優しい味で、豚骨とは思えないほどすっきりしたスープ。今でも時々食べたくなります。(ざっつ@ゆかり王国=38歳男性、会社員、東京都)

■味の正福(和食・定食店)

ナスが嫌いだったのが、ここのナス味噌(みそ)を食べてから大好物に。卵焼きにマヨネーズを付ける食べ方もここで知りました。私の食に対する概念が変わった場所です。(サッちゃん=53歳女性、会社員、福岡市)

■グルメ風月(レストラン)

十数年前、新入社員の頃に初めて先輩に連れて行ってもらい、ビーフバター焼きのおいしさに感動しました。姉妹店でも食べられますが、コア地下の雰囲気が一番好きでした。(ぽんこ=30歳女性、会社員、福岡市)

■ふきや(お好み焼き店)

中学時代の週末、100円玉を数枚握りしめて、同じビルの2階で洋服を買った帰りに並んで食べました。当時はお金がなく、「野菜焼き」か「卵焼き」ばかりでしたね。(ロビン=53歳男性、大学教授、札幌市)

割烹かっぽうよし田(割烹・小料理)

休日出勤した時に、上司に連れて行ってもらいました。「鯛(たい)茶漬けってこんなにおいしいんだ」と感激。今は移転しているけど、早く戻ってきてほしい。(リエ=56歳女性、会社員、福岡市)

■Kサムソン(カレー店)

かつて新入社員として働き始めた天神。今を思えば、超ブラックな働き方の日々を、コクのある欧風カレーとおかわり自由のレーズン入りのライスで乗り切っていた。(うっちー=60歳男性、熊本県八代市)

■アントン(洋食店)

名物のドリアは熱々なので、ほぼ毎回、軽いやけど状態に。でも、ホワイトソースのほどよい甘さと栗のおいしさがたまらず、やけどなんて気にせずに行ってました。(ばびぶ=57歳女性、主婦、福岡市)

■飛うめ(そば店)

小学生の頃、弟と一緒に母親に連れられて、飛うめの親子丼ぶりを食べに行くのが唯一の外食でした。丼のふたを開ける時の湯気とともに広がるワクワクした気持ちは、今も覚えています。(福娘の母=66歳女性、福岡市)

■京風らーめん・嵯峨亭(ラーメン店)

とんこつベースよりもあっさりした風味のラーメンが好きなので、天神に立ち寄った際はたびたび通っていました。復活してくれないかな。(kike=45歳男性、長崎市)

■福岡市役所職員食堂(食堂)

500円のランチセットやちゃんぽんなど、天神で栄養バランスのいいランチを安く食べられるのはここしかなかったと言っても過言ではない。(たろ=57歳男性、会社員、福岡市)

PR

開催中

新春掛軸展

  • 2022年1月20日(木) 〜 2022年1月26日(水)
  • ギャラリーやすこうち

PR