アイデアと事業を生み出す人になる、本気の学び場 事業構想大学院大学福岡校が3期生を募集

PRSponsored by 事業構想大学院大学

 新規事業を生み出す人材を育成するための社会人大学が、福岡市天神にある。2018年4月に開校した「事業構想大学院大学福岡校」だ。院生たちは仕事と両立しながら、2年間の修士課程で、実務につながる事業構想を目指し学んでいる。事業のアイデアを生みだすための豊かな感性や想像力を磨き、事業を実践するためのプロセスを体得している。


 これまでの社会人大学院では経営管理・経営学など知識やスキルを学ぶことが中心となっていた。だが、今求められているのはアイデアを生み出し、理想の全体像を構想し(構想)理想的で同時に実現可能な実践計画(構想計画)を立てる人材だ。
 事業構想とは「何かを成し遂げたい」「新たな未来をつくりたい」と思っている人が、自身の未来を研究することでもある。
 講義では、独自の切り口から事業の種を探し、多くの事業アイデアを出し続け、教授陣、ゲスト講師、院生同士で議論しあいブラッシュアップしていく。そのアイデアが社会に認められ、浸透していくために必要な全体像を構想し経営管理手法も活用しながら、構想を実践するための計画つまり、構想計画をまとめていく。2年間の修了時までに、自身であるいは会社に持ち帰り実現する事業構想計画書をまとめ、「事業構想修士」のマスター学位が授与される。何が起こるか分からない、誰も予測ができない時代に求められる「ストリートスマート(実践で賢くなった人)」を育成しているのだ。これまでに延べ180人超に上る全国の修了生たちが、それぞれの組織や地域で新規事業の立ち上げや新事業を取り入れた事業継承を成功させており、その活躍ぶりは各方面から注目を集めている。

 中でも特筆すべきは、第一線で活躍する各業界の実業家や専門家による講義だ。JR九州会長の唐池恒二氏や、スカイマークエアラインズの社長と会長を歴任した井手隆司氏らが教壇に立つ。また、毎年延べ150人を超えるゲスト講師には、Twitter Japan代表取締役の笹本裕氏や本多機工代表取締役社長の龍造寺健介氏など時代のトップランナーを擁する。彼らの人生、経営哲学を直に聞くことができ、事業構想のヒントを得られる貴重な時間となっている。講義は一方的な知識の詰め込みではなく、一流の教授・講師陣とのディスカッションやプレゼンテーションを徹底的にやり込むスタイル。互いにアイデアをぶつけ合うことで、院生たちは自身の事業構想をブラッシュアップさせていくのだ。


 なぜ、今の日本経済に「事業構想」が必要なのか。事業構想家を育成する大学の狙いについて、福岡校で事業戦略・マーケティング分野の教鞭を執る井手氏と、福岡校で学ぶ現役院生2人に、同校で学ぶ意義や魅力を語ってもらった。

 

時代の変化に振り回されない、発想力を磨く 事業構想こそが、企業成長の鍵
事業戦略・マーケティング担当 井手隆司教授(スカイマークエアラインズ元社長・会長)

 グローバル化する政治経済、少子高齢化、社会のデジタル化など、目まぐるしい速さで社会は変化しています。進展する技術や社会の変化に追いつかず、既存の事業が立ち行かなくなっている企業が出始めています。いかに社会の課題や変化をキャッチアップし、そこからビジネスチャンスを見いだして、浮かんだアイデアを事業化することができるか―。不確実なこの現代を企業が生き抜くためには、こうした事業構想をしていくことが大切になってきています。

 また、企業は利益だけを追求すればいいという時代は終わりました。院生にも常々伝えていますが、事業にも「社会性」が求められています。どんな企業も、存在意義が問われているのです。社会にとって、意義ある事業を実践することが、企業の持続的な発展や成長力につながるのです。
 事業構想の核となるのは、アイデアやひらめきです。企業の枠に留まり、日常業務に没頭するだけでは生まれません。我が校では、年齢や職種、立場の違う院生が集まり、アイデアを次々と出し続けるクリエイティブな環境が整っています。自分の枠を飛び出し、新たな領域の知見や視点に触れることが、新規事業を生み出す「発想、着想」につながるのです。
 院生との絆も大切にしており、2年間の修了後も、彼らの事業構想の実現に向け、全面的にサポートしています。修了生が本業で活躍することが、「事業構想」という機能を社会に広めることにつながります。多くの優秀な事業構想士を輩出し、日本の企業の競争力を高めていきたいと思っています。

 

不要になった着物をハンドメイド用の糸(キモノヤーン)に生まれ変わらせる、在学中にアップサイクルの新事業をスタート
株式会社リクラ プランナー 藤枝瀬里子さん(1期生)

 葬祭用品を企画製造する会社に新規事業プランナーとして2018年4月に入社し、新規事業を行う社内ベンチャーを設立しました。前職でも、イベントの企画や飲食店の立ち上げなどさまざまな新規事業を立ち上げましたが、「本当にこれで上手くいくのだろうか、もっと他にいいアイデアややり方があったんじゃないか」という不安がつきまとっていました。事業構想を体系的に学びたいと思い、今の会社への入社と同時に入学しました。

 講義で学んだことをきっかけに、「タンスの中に眠ったままの着物」に目を付け、資源として再利用できないかという着想を得ました。不要となった着物を編み物用の素材である糸(ヤーン)として再生することで、新たな価値を付け加えるアップサイクル事業「キモノヤーン」を構想。2018年10月から実際に事業をスタートさせることができました。2019年7月には、香川県直島で企画展示も行っています。
 各方面のスペシャリストである先生方から、事業の欠点や課題について幾度もアドバイスをもらい、思っていたよりもスピーディに事業化させることができました。とても心強い味方です。
 今後は、着物だけでなく、廃漁網やウール素材などをアップサイクルする事業の構想を進めており、海外への発信も目指しています。

 

「技術者という自分の枠を破りたい」会社の枠に囚われないビジネスモデルを目指す
株式会社リコー プラットフォーム事業本部 常盤匡史さん(2期生)

 関東から出身地の福岡へ異動になり、新規事業の担当者となりました。これまでは商品開発を担当するエンジニアだったので、何をすればいいか分からず悩んでいたとき、購読していた新聞を通じて、大学の存在を知りました。

 年齢も職種も違う仲間や一流の講師である先生方とのディスカッションでは、会社では得られないような新しい視点やフィートバックを常にもらっています。入学当初は、自分の専門領域であるエンジニア的な視点に留まりがちでしたが、日ごろから幅広く世の中にアンテナを張り、情報収集をするようになりました。苦手だったプレゼンテーションも鍛えられ、久しぶりにあった前任地の上司に「説明の仕方が変わった」と言われました。
 今は、趣味であるパン屋の食べ歩きをきっかけに「ベーカリー」に注目し、パンの廃棄ロス問題を解決する事業構想を研究しています。自社の技術や商品と直接的には関係はないですが、「人々の”はたらく”をよりスマートに。」というお客様への提供価値と、つながっていると感じています。これからも、自社の事業領域にとらわれずに自由な発想でアイデアを出し続け、新しいビジネスモデルを構想していきたいです。


 事業構想大学院大学福岡校は、2020年度(2020年4月入学)の3期生を募集している。
 事業を継承し新たな創業を目指す人、自分を変えて現状を打破したい人、社会をよりよくしたいとの思いを抱き起業したい人。熱い想いを持った人たちが多互いに刺激し合う、活気あふれる本気の学び場。ここで過ごす2年間が、夢や理想を実現するための大きな一歩となっている。

■福岡 事業構想大学院大学
https://www.mpd.ac.jp/fukuoka/