デビログさんと巡る、今食べたい!ビールに合う福岡旨いモノ

ただいま福岡グルメ界で人気のインスタグラマー・デビログさん。大好きな旨い肉をコツコツとアップしていたInstagramが話題になり、いつのまにかフォロワーが3万人以上を誇るまでに!おいしいお店を聞かれることが多くなり、「ジャンル」「エリア」「特徴」などの細やかな検索機能があるブログを開設、こちらも人気を集めています。
さてそのデビログさんの、いま注目する福岡グルメ巡りに同行させてもらうことに。テーマは「ビールに合う料理」。どんな逸品と出合えるのでしょうか。

それぞれが一品料理のような新感覚つくね。「ツクネスタンダード」

「隠れ家のような店なんです。このドアを開いて、細い階段を上ると…」とデビログさんの案内に従って入店すると、そこには広々としたスタイリッシュな空間が。メニューには、創作つくねのメニューがずらりと準備されています。一つ150円から、全26種類。「これ、悩みながら選ぶのも楽しいよね」と言いながら、今回選んだトッピングは、左上から時計回りに、「パクチー」「ネギ塩」「イタリアン」「おろしポン酢」「桜海老チリ」「BBQマスタード」の6つ。ボリュームたっぷりで、まるでそれぞれが一品料理の趣きです。

「いただきます」。パクリ!
つくねは、ふんわりジューシー。コクがあり、食べごたえは十分。「つくねそのものにしっかりとした旨みがあるから、個性的なトッピングに負けないんですよね」。ここでビールを投入。口の中をさっぱりとさせて、さらに次のつくねに手が伸びるデビログさん。

鶏モモ肉と豚を挽いたものに、山芋を混ぜて作るため、ふわふわでジューシーに仕上げることができて、トッピング次第で和風にも洋風にも楽しめます。
一番人気は、さっぱり仕上げた「おろしポン酢」。ちなみにしっかりとした味付けが好みのデビログさんの一押しは、「イタリアン」だそう。
「実はもう一つうれしいことがあって、この店、15時から開いているんです。プレミアムフライデーにも最高でしょう?」とのこと。

博多ねりもん屋 ツクネスタンダード
福岡市中央区大名2-1-42 2F
TEL:092-714-0706

肉のことを知り尽くすからこそ提供できる旨い鴨ロースト。「肉屋うたがわ」

続いて向かったのは「肉屋うたがわ」。なかなか予約が取れない人気店だそう。実はこちらも16時から開店しており、少し時間をずらすのがおすすめ、とデビログさん。「なんでもおいしいのですが、僕の一押しは鴨!」ということで、「ハンガリー産鴨胸肉ロースト(1800円)」を注文。
一段低くなっているオープンキッチンは、調理の過程もライブ感たっぷりに楽しめ、期待が高まります。鴨は皮目をパリッと焼かれて、オーブンへ。じっくり中まで火を通したのち、切り分けられテーブルへ。鴨独特の爽やかな香りが立ち込めてきます。

さっそく一口。「やっぱり旨い!カリッと仕上げられた皮と、柔らかい身が一度に楽しめるのがたまらない。鴨は鼻に抜ける香りまでおいしいですよね」と、好物に舌鼓を打つデビログさん。お伴は、サントリーのザ・プレミアム・モルツ。口あたりが繊細なうすはりグラスで提供され、華やかな香りとあいまって、さらに料理の旨さが増します。

「肉屋うたがわ」の黒板には、名物Tボーンビステッカ以外にも、牛・豚・ラム・鹿など、豊富な種類の肉が産地とともにずらり。「厳選した肉を、それぞれがベストにおいしく食べられる方法で焼き上げて提供しています」とのこと。いろいろな種類の肉を楽しむ客も多いそうです。

「あ、忘れるところだった」と、愛用のカメラを取り出し、パシャリ。こうして撮った写真がインスタにアップされ、約3万人を楽しませているんです。
「以前はケイタイで撮った写真を使っていたんですが、一眼レフで撮った方がやっぱり反応がいいんです」。人気インスタグラマーの影には、こうした努力が欠かせないんですね。

肉屋うたがわ
福岡市中央区大名2-3-5
TEL:050-5570-6544

火が素材の旨みを引き出す。「永らく」

3軒目「永らく」に到着。人気店「炉ばた雷橋」で修行した大将の糸永さんがオープンさせた店で、昨年9月に開店したばかりにもかかわらず、この日もお客さんでいっぱい。コの字型に配されたカウンター越しに、炭の香りが雰囲気を醸し出しています。

「やっぱりここは、鶏盛で!」とりもも、つくね、砂肝、せせり、やげんなんこつ、ぼんじりを、なんと500円で提供。「あとおすすめの野菜も焼いてください」。網の上で、時折場所を変えながら食材のめんどうをみている大将。「おいしく焼き上げるコツは、なんといっても脂の量と水分の見極めです。食材によって、火の強い場所で一気に焼き上げたり、外だけ固めて遠火でじっくり火を通したり。こればかりは経験ですね」とのこと。

「旨い!ホント絶妙な加減ですよね。素材のおいしさがぐっと前に出てくる」とデビログさんも絶賛。一気に焼いて外側が真っ黒に焦げたそら豆も、中はホクホク。「焼くとこんなに旨くなるんですね」。温まった体に、ビールをひと口。無限ループに突入です。
他にも日本各地の産地に出向いて選んできた、ほっけやのどぐろなどの干物も名物。大将に仕入れの時の話を聞けば、食もビールも進むこと間違いありません。

永らく
福岡市中央区大名1-8-25 杉の宮マンション1F(奥入る)
TEL:092-738-3438

デビログさんとの「ビールに合う料理」巡り、いかがでしたか。いずれも、食材にこだわり、その旨みを引き出す工夫を惜しまない店ばかり。素材とビールの旨さを確かめに、ぜひ足を運んでみては。

ちなみに、福岡限定・サントリーの「お店で!飲んでためようキャンペーン in 福岡」が開催中です。対象のお店でポイントを貯めるとうれしいプレゼントがもらえるチャンス!冷え冷えのビールと逸品料理に舌鼓を打ちながら、愉しい時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

★デビログさんのグルメ情報はこちらをチェック
・インスタグラム https://www.instagram.com/devi_takahashi/
・ブログ https://devi-log.net/