イチ押しイベント

ルーヴル美術館特別展 「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」

- ルーヴルが欲しがった9番目の芸術、「漫画」 -
フランス語圏では「バンド・デシネ(BD)」と よばれる漫画文化があります。BDは絵画のように緻密で技巧に富んだ作品が多く、その特徴からフランスでは第9番目の芸術(※)と位置付けられています。21世紀に入り、世界最高峰の美術の殿堂、ルーヴル美術館が現代アートとして漫画に注目。日本を含む、フランス内外の才能豊かな漫画家たちを招待し、ルーヴルをテーマに自由な表現で作品を描いてもらう「ルーヴル美術館BDプロジェクト」をスタートさせました。

そしてこの度、本プロジェクトの全容を約300点の原画やネーム等の資料・特別映像等で紹介する展覧会が誕生しました。日本からは荒木飛呂彦、谷ロジロー、松本大洋、五十嵐大介、坂本眞一、寺田克也、ヤマザキマリが参加。総勢16人の漫画家たちがそれぞれの独特な世界観で描き出した16通りのルーヴル美術館をご堪能ください。

(※)フランスにおける芸術の序列。
第1から8までは順に「建築」「彫刻」「絵画」「音楽」「文学(詩)」「演劇」「映画」「メディア芸術」とされる(諸説あり)。
会期
2017年4月15日(土)− 5月28日(日)
休館日
毎週水曜日 (ただし、5月3日(祝)は閉館)
開催時間
10:00 - 20:00(最終入場19:30) ※最終日は18:00まで (最終入場17:30)
会場
福岡アジア美術館
観覧料・チケット料金
【一般】 1,300円 (1,100円) 
【高大生】 1,000円 (800円) 
【小中生】 600円 (400円)
※小学生未満は、入場無料(但し、保護者同伴)
※()は前売、20名以上の団体、満65歳以上(免許証等の年齢を証明できるものを提示)の割引料金
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、特定医療費(指定難病)受給者証、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は本人のみ無料
主催
ルーヴル美術館、西日本新聞社、RKB毎日放送、ルーヴルNo.9大実行委員会
協賛
大日本印刷
協力
福岡アジア美術館
後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市・福岡市教育委員会、公益財団法人福岡市文化芸術振興財団、九州旅客鉄道、西日本鉄道、FM FUKUOKA、cross fm、LOVE FM
お問い合わせ
東映 TEL:092-291-6792
URL
【詳しくはこちら】
西日本新聞社への主催・共催・後援名義使用

今月の主催・後援イベント一覧