イチ押しイベント

国立カイロ博物館 黄金のファラオと大ピラミッド展

ツタンカーメンをしのぐ黄金の微笑、降臨!

 およそ4500年前、エジプト古王国時代(紀元前2686~2160年頃)、クフ王・カフラー王・メンカウラー王という3人のファラオが建造した巨大ピラミッド群。今なお、世界中の人びとを魅了してやみません。いにしえより「世界七不思議」の筆頭にあげられる巨大建造物です。ピラミッドはどのような人びとが建築にたずさわったのか?、その工法は?、建造したファラオは?、そして何よりもファラオが大ピラミッドを作った目的は何なのか?、ピラミッドとファラオは多くの謎に包まれています。

 本展は、世界最大の古代エジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館から、選りすぐりの約100点を公開します。展示の中核となるのは、大ピラミッドを建造した古王国時代の至宝です。ピラミッドを建てた偉大なファラオや王家の女性、貴族、建設を支えた人びとたちの壮大なドラマに迫ります。

会期
平成29年7月8日(土)~ 8月27日(日)
休館日
毎週月曜日(ただし7月17日は開館、翌18日休館、8月14日、15日は開館、8月16日は休館)
開催時間
午前9時30分~午後5時30分(入館は午後5時まで)
会場
福岡市博物館
観覧料・チケット料金
一般1,500円(1,300円) 高大生900円(700円) 小中生500円(300円)
※( )内は前売、20人以上の団体、満65歳以上(シルバー手帳等の年齢を証明できるものを提示)、外国の方(パスポート、在留カードなど国籍の証明できるものを提示)の割引料金。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳(以上の手帳を提示した人の介護者1人を含む)、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証を提示の場合は無料。
※トワイライトミュージアム実施時間(7月22日から8月27日のうちの金・土・日ならびに8月14日、15日の午後5時30分から午後7時30分まで)は団体料金で入場可。ただし会場での販売分のみ。
主催
福岡市博物館、RKB毎日放送、西日本新聞社
協賛
ハイアット リージェンシー 福岡
協力
国立カイロ博物館、エジプト・アラブ共和国考古省、学校法人昌平黌 東日本国際大学、NPO法人太陽の船復原研究所、日本エジプト学会、早稲田大学エジプト学研究所広報部、独立行政法人国際協力機構(JICA)、カタール航空、ルフトハンザ カーゴ AG、日本通運
後援
外務省、エジプト大使館、福岡県、福岡県教育委員会、福岡市教育委員会、(公財)福岡市文化芸術振興財団、福岡商工会議所、西日本リビング新聞社、LOVE FM、西日本鉄道、(一社)日本自動車連盟福岡支部、(一社)福岡市タクシー協会、西日本文化サークル連合、西日本新聞TNC文化サークル
監修
吉村作治(東日本国際大学学長・早稲田大学名誉教授・工学博士)
企画協力
アケト
その他
企画協力 アケト 企画制作  TBSテレビ
お問い合わせ
福岡市博物館092-845-5011
西日本新聞社への主催・共催・後援名義使用

今月の主催・後援イベント一覧