原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル

 福島第1原発事故以来建設が中断している東京電力の東通原発=2011年5月、青森県東通村
福島第1原発事故以来建設が中断している東京電力の東通原発=2011年5月、青森県東通村
写真を見る

 新設の原発の発電コストは世界的には1キロワット時当たり平均14セント(約15円)で太陽光発電とほぼ同レベル、陸上風力発電や高効率天然ガス発電の8・2セントに比べてかなり高いとの試算を、エネルギー問題の調査機関として実績のある米国企業系「ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス」(BNEF)が16日までにまとめた。

 東京電力福島第1原発事故後の安全規制強化もあって建設費や維持管理にかかる人件費などが世界的に高騰していることが主な理由。再生可能エネルギーのコストの低下が続く中、原子力の優位性が薄れていることを印象付ける結果となった。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]