原発12基ダクトに腐食や穴 規制委、柏崎は換気機能に異常か

 東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクト見つかった腐食(原子力規制委提供)
東京電力柏崎刈羽原発3号機の中央制御室空調換気系ダクト見つかった腐食(原子力規制委提供)
写真を見る

 原子力規制委員会は23日、全国の原発などで空調換気系ダクトに腐食による穴などがないか調査した結果、一部に腐食や穴が見つかったのは7原発12基だったと明らかにした。このうち東京電力柏崎刈羽3号機(新潟県)は腐食が大きく、中央制御室の換気機能に異常がある可能性がある。再稼働審査に合格した同7号機でも異常がないか確認する。他の10基には異常はないという。

 中国電力島根原発2号機(松江市)の中央制御室のダクトで2016年12月に腐食による複数の穴が見つかった問題を受け、規制委が昨年1月、各電力事業者に調査を指示していた。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]