【やさしい日本語】「だざいふてんまんぐう」に 近(ちか)い 駅(えき)が あたらしく なった

あたらしく  なった  えき
あたらしく なった えき
写真を見る

「太宰府(だざいふ) 駅」(えき) は、  福岡(ふくおか) (けん) に  ある  「太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう) 」に  いちばん  (ちか) い  (えき) です。

太宰府(だざいふ) (えき) が  27(ねん) ぶりに  (あたら) しく  なりました。

(えき) の  () かりは、  太宰府天満宮(だざいふてんまんぐう) に  ある  (はし) や  (うめ) の  かたちに  しました。

(えき) の  たてものも  天満宮(てんまんぐう) と  (おな) じ  (いろ) の「朱色(しゅいろ) 」にしました。

太宰府(だざいふ) (えき) を  使(つか) う  外国人(がいこくじん) は  ふえています。

だから、英語(えいご) 中国(ちゅうごく) () と  韓国(かんこく) () でも  あんないが  () いて  あります。

(えき) を  (あたら) しくした  会社(かいしゃ) は「西日本(にしにっぽん) 鉄道(てつどう) 」と  いいます。

会社(かいしゃ) の  社長(しゃちょう) は「電車(でんしゃ) をおりて、すぐに  (たの) しく  なることが  できます。」と  (はな) しました。



(もと) の  記事(きじ) は  こちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]