【やさしい日本語】4月(しがつ)から がいこくじんを うけいれる 会社(かいしゃ)が そうだんできる 場所(ばしょ)が できる

写真を見る

日本(にっぽん) で 外国人(がいこくじん) が  (はたら) きやすく  なる  法律(ほうりつ) が  2019 (ねん ) 4(がつ) に  (はじ) まります。4(がつ) から、NPO法人(ほうじん) 「グローバルライフサポートセンター」は  会社(かいしゃ) などからの  相談(そうだん) を  うけることを  (はじ) めます。

外国人(がいこくじん) が  はたらく  会社(かいしゃ) や、外国人(がいこくじん) が  () む  自治体(じちたい) が  相談(そうだん)   できます。
自治体(じちたい) 都道府県(とどうふけん) 市町村(しちょうそん)

直接(ちょくせつ)   () って、または  電話(でんわ) で  相談(そうだん) が  できます。これは  めずらしいことだ  そうです。

山下(やました)   ゆかりさんが「グローバルライフサポートセンター」を  (つく) りました。外国人(がいこくじん) の  仕事(しごと) や、() むところの  相談(そうだん) を  () いてきました。病院(びょういん) で  通訳(つうやく) を  する(ひと) を  (おし) えてきました。

このごろは、会社(かいしゃ) から  実習(じっしゅう) (せい) が  いなく  なってしまう、けがや  びょうきに  なってしまう、という  相談(そうだん) を  たくさん  () きます。生活(せいかつ) の  相談(そうだん) も  () きます。

4(がつ) から  法律(ほうりつ) が  () わります。だから、在留(ざいりゅう) 資格(しかく) 日本(にっぽん) に  いるための  資格(しかく) )が  ふくざつ  になります。


外国人(がいこくじん) をおくる  (ただ) しい  会社(かいしゃ) を  (えら) ぶことも  手伝(てつだ) います。どんな  制度(せいど) を  つかうのが  よいのかも (かんが) えます。

山下(やました) さんは「会社(かいしゃ) には 外国人(がいこくじん) の  文化(ぶんか) や  習慣(しゅうかん) を  理解(りかい) してほしいです。外国人(がいこくじん) が  日本(にっぽん) で  (はたら) きやすいように  したいです。」と  (はな) しています。
翻訳(ほんやく)   協力(きょうりょく) :jeggさん)

(もと) の  記事(きじ) は  こちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]