【やさしい日本語】福岡県(ふくおかけん)の 「旧蔵内邸(きゅうくらうちてい)」に 3000の ひな人形(にんぎょう)を かざる

たくさんの  ひなにんぎょう
たくさんの ひなにんぎょう
写真を見る

3(がつ) 3(みっか) は、女の子(おんな こ) が  げんきに  (そだ) つことを  いのる「ひな(まつ) り」の() です。

ひな(まつ) りは、  日本(にっぽん) の  文化(ぶんか) です。

「ひな(まつ) り」の() には、(いえ) (なか) に「ひな人形(にんぎょう) 」を  かざります。

福岡(ふくおか) (けん)   築上(ちくじょう) (まち) に  ある「(きゅう)   蔵内(くらうち) (てい) 」は、3000の  ひな人形(にんぎょう) )   かざっています。

76(さい) 女性(じょせい) が、1967(ねん) から  (あつ) めている  人形(にんぎょう) です。

動物(どうぶつ) の「きつね」や「うさぎ」の  かたちをした  人形(にんぎょう) や、ガラスで  できた  人形(にんぎょう) も  あります。

女の子(おんな こ) が  けっこんする  ときに  () る  着物も  (かざ) っています。

女性(じょせい) は「きもの) を  () ることも  できます。ひな人形(にんぎょう) と  きもの) を  () てほしいです。」と  () っています。

 きゅう  蔵内くらうちていに はいるためには  300えん  かかります。水曜日すいようびは  やすみです。




(もと) の  記事(きじ) は  こちら

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]