受験ルポ(2)正月返上 中学入試はいま

正月特訓を終え、講師の話を聞く小学6年生たち。「頭の回転が良くなるよう、本番の時は息を大きく吸ってください」と声を掛けられた
正月特訓を終え、講師の話を聞く小学6年生たち。「頭の回転が良くなるよう、本番の時は息を大きく吸ってください」と声を掛けられた
写真を見る

失敗も大切な学び

 正月早々、福岡市博多区にある沖学園隆徳館中学校では、中学受験を控えた小学6年生たちが机を並べていた。学習塾「エディナ」(福岡市)などに通う子どもたちだ。

 2、3両日の「正月特訓」。国語、算数、理科、社会の4教科の授業は午前10時に始まり、午後5時半まで。本番の緊張感を体感するため、塾では毎年、教室を借りているという。

 私立受験に臨む小学生には、クリスマスも正月もない。冬休みに入ると「冬期特訓合宿」(昨年12月23~25日)、冬期講習と続き、休みは大みそかと元日の2日だけ。福岡都市圏では5日ごろから入試が始まり、ほぼ1月中に終わるからだ。

 エディナ中学受験部総括の中尾秀徳さん(43)は「君たちは一般人ではなく受験生。受験が終わってから正月を迎えなさい」と言っているそうだ。

   ◇   ◇

 記者は東京都に住んでいた23年前の1995年、中学受験した。仲良しの友達にならって小学3年から塾に通い、6年の時は週4日。毎週日曜のテストの結果でクラスが入れ替わり、座席も成績順だった。

 入試前は、はちまきを巻いて机に向かった。受験は家族も巻き込む。母親も予習、復習に付きっきりで、夜なべで「勉強」していた。

 昨年12月10日、福岡市中央区のエディナ薬院本校であった保護者への入試説明会。責任者の上田隆史校長(53)は「高校、大学受験と違うのは『親御さんの受験』ということ。当事者意識を持つのが重要です」。「親子の共同試練」は今も変わらないなと思った。

 変化にも気付かされた。この塾は「完全復習型」を掲げた少人数指導をしており、分からないことは基本的に塾で質問をして解決する。私たちの頃のような、競争淘汰(とうた)一辺倒ではなくなっていた。

 中尾さんは「地域や塾によって違うが、時代が変わったんじゃないですかね。受験は競争とはいえ、実力があっても本番に力を出せない子もいる。あまり出来不出来をはっきりさせず、みんなで臨もうという姿勢でやっています」と話す。

 保護者の話も、どこかのんびりしていた。「勉強は塾に任せている」「お弁当を作り、送り迎えするくらい」。受験の考え方も変わってきていて、だからこそ塾は親への呼び掛けを強めていた。

 受験説明会ではこんな場面もあった。塾では第1志望校にベストの状態で臨めるよう、複数校の受験を勧める。でも、上田校長は「受験校全ての合格はできれば避けたい」と話した。

 その真意は「全部通ると、てんぐになり、中学で勉強しなくなる。本人のことを考えるとつらい経験も必要なんです」。将来を見据えて「失敗」も大切だと。時代は変わった。

   ◇   ◇

 正月特訓の最後、教壇に立った算数科の石川敦士さん(48)は子どもたちに呼び掛けた。「遊びたいのを我慢し、ある意味自分を犠牲にして頑張ってきたことへの自信を持ってほしい。健闘を祈ります」

 子どもたちの表情は、思ったほど緊張はないように見えた。「この場はそうでもないけど、最初の試験の時は違うと思いますよ」と石川さん。

 なぜ受験するの? 親の迎えを待っていた女子児童に声を掛けた。児童は「高校受験もあるけど、もっと早く勉強を始めるのが楽しいと思った。自分が今までやってきたことをしっかり出し切りたい」。迷いなく答え、表情は凛(りん)としていた。

 中学受験の受け止め方はさまざまだろう。でも、私にとっては「家族で向き合った濃密な時間。大変だったけれど、楽しかったな」というのが率直な感想だ。いまの子どもたちにはどんな記憶として残っていくのだろう。

 

 ◆九州の中学受験 文部科学省の2017年度学校基本調査によると、九州7県にある私立中は79校(福岡27、佐賀6、長崎14、熊本9、大分4、宮崎9、鹿児島10)▽国立中は9校(福岡3、他の各県1)▽県立中高一貫校(福岡・佐賀4、長崎・熊本3、宮崎2、大分・鹿児島1)。このほか中等教育学校があり、これらの多くで中学受験が実施されている。

 首都圏では1980年代から、私学や国立大付属の受験競争が激化し、ここ数年も志願者数が増えている。一方、エディナによると、福岡都市圏の志願者数は近年、横ばい傾向という。

 

=2018/01/14付 西日本新聞朝刊(教育面)=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]