博多どんたく5月3日開幕 松囃子やパレード多彩に

写真を見る
花自動車運行予定時刻表
花自動車運行予定時刻表
写真を見る

 福博の街が祭り一色に染まる「第55回博多どんたく港まつり」が5月3、4日に福岡市内で開かれる。2日間で延べ約750団体、3万8千人前後が参加。200万人以上の人出を見込む。

 今年は熊本地震の被災地を励まそうと「どんたく WITH THE KYUSHU 熊本・大分の復興に向けて」をスローガンに掲げた。都心部を貫く「どんたく広場」では博多松囃子(ばやし)や市民参加のどんたく隊パレードが祭り気分を盛り上げるほか、博多駅前の通りや市内各地の演舞台でも華やかなパフォーマンスが繰り広げられる。主な見どころを紹介する。


 【博多松囃子】どんたくのルーツの伝統行事。三福神と稚児の一行が市中を回る。3日午前8時50分、櫛田神社を出発し、午後1時からパレードを先導。4日は主に中央区を巡回。

 【どんたく広場】3日は午後1~7時、4日は午後3~8時、呉服町交差点から市役所前までの区間。両日ともどんたく隊パレードがあり、4日は東京ディズニーシーのどんたく隊も登場。同日の博多町家ふるさと館どんたく隊は当日参加も可能で、午後2~3時に同館で受け付ける(法被代込み3500円)。

 【はかた駅前“どんたく”ストリート】3日午前10~11時半、4日午前10時~午後1時、はかた駅前通りが路上ステージに変身。さまざまなパフォーマンスが披露される。

 【演舞台】市役所など市内34カ所に舞台を設け、歌やダンスを披露。

 【総おどり】祭りのフィナーレ。4日午後6時50分から、どんたく広場や市役所前広場などで、しゃもじを打ち鳴らして踊る。飛び入り参加もできる。

 【花自動車】6台がA、B2隊に分かれ、前夜祭を含む2~4日、市内を巡回。

 【博多券番】3日午前9時10分の福岡銀行本店広場に始まり、同11時半にはTNC放送会館などに登場。4日は午前10時に天神の大丸パサージュ演舞台、午後1時半に市役所前お祭り本舞台、同3時に博多駅本舞台などで演じる。

=2016/04/30付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]