花自動車に「博多祝めで鯛」 どんたく飾るデザイン決定 博多山笠ユネスコ登録祝う

ユネスコ無形文化遺産登録を祝う花自動車
ユネスコ無形文化遺産登録を祝う花自動車
写真を見る
ホークスとアビスパの花自動車
ホークスとアビスパの花自動車
写真を見る
桃太郎をテーマにした花自動車
桃太郎をテーマにした花自動車
写真を見る

 博多どんたく港まつり(5月3、4日)の呼び物の一つ、西日本鉄道の花自動車のデザインが決まった。博多祇園山笠の国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産登録を記念して振興会の公式キャラクター「博多祝(いわい)めで鯛」が初登場する。3日に9年ぶりに天神大牟田線の大橋駅に乗り入れ、特急停車や西鉄名店街のリニューアルなどに向けて地域のにぎわいづくりにも貢献する。

 花自動車はA、Bの2編隊で計6台。公式キャラのデザインは、山のぼせのおいさ(雄伊沙)と女の子をイメージしたきおい(貴緒衣)、勇壮な山笠が描かれる。今年のどんたくのテーマ「祝!博多祇園山笠 ユネスコ無形文化遺産登録」も入る。ほかにプロ野球福岡ソフトバンクホークスやサッカーJ2アビスパ福岡のキャラ、アンパンマン、桃太郎も華やかに祭りを彩る。

 運行は2日午後4時20分スタートで4日まで。どんたく終了後の5日、東区の「かしいかえん シルバニアガーデン」に終日展示する。

 運行情報は2日から花自動車ナビ(http://inf.nishitetsu.jp/hanaji/)で確認できる。


=2017/04/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]