博多どんたく 前夜祭整理券を配布 観光桟敷席4年ぶり復活

博多どんたく港まつり前夜祭の入場整理券を求め列をつくる人たち
博多どんたく港まつり前夜祭の入場整理券を求め列をつくる人たち
写真を見る

 博多どんたく港まつり(5月3、4日)まで2週間に迫り、祭りを観覧する市民向けの動きも本格化している。19日は本番前日の恒例イベント「前夜祭」の無料整理券が福岡市・天神のエルガーラ・パサージュ広場など4カ所で一斉配布されたほか、水上公園(中央区)に4年ぶりに復活するパレード見物の特等席の「観光桟敷券」(前売り3千円、当日3500円)も発売中だ。

 前夜祭は5月2日午後4時半から福岡国際センター(博多区)で開催され、演歌歌手氷川きよしさんの歌謡ショーなどがある。この日、同広場には約200人が行列。用意された券は20分足らずで無くなった。

 毎年先頭に並ぶ南区の女性(74)は「今年も午前6時に並んだ。氷川さんのショーが楽しみ」。北九州市から初参加の女性(80)は「きよし君が大好きで朝5時台の始発電車で来た。会場で“きよ友”のみんなと再会できるのもうれしい」と待ちきれない様子で話した。

 一方、観光桟敷席は水上公園のリニューアルを受けて再登場。A券(3日午後1時~3時50分)▽B券(同4時10分~6時半)▽C券(4日午後3時~7時半)-の3種類があり、各券450席。事務局の福岡観光コンベンションビューローは「お年寄りや子ども連れでもゆったり見物できる。座席にまだ余裕があるので、ぜひ利用を」としている。同ビューロー=092(733)5050。


=2017/04/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]