大イチョウに不老長寿願う 櫛田神社でぎなん祭

写真を見る

 「博多祝い唄(祝いめでた)」の三番「さても見事な櫛田のぎなん」で有名なご神木の大イチョウ「櫛田のぎなん」に不老長寿などを願う「ぎなん祭」が12日、福岡市博多区上川端町の櫛田神社であった。

 博多弁でギンナンのことを「ぎなん」と呼ぶ。櫛田のぎなんは樹齢千年以上とされる県指定天然記念物で高さ25メートル、幹回り8メートル。

 神事はご神木前で行われ、氏子や地域住民など約50人が参列。祝詞などに続いて関係者が玉垣の中に入り、木の根の周囲に、ソフトボール大に固めたおからを施肥。最後に全員で「博多祝い唄」を歌い、博多手一本を入れて締めくくった=写真。

 同神社宮総代の本山道徳さん(89)は「長年われわれを見守ってきた木にあやかり、氏子のみんなが健やかに過ごすことができれば」と話した。

=2018/03/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]