栄光の「櫛田入り」 舁くのは俺たい! 必見、東流の「棒競り」

代取(手前)にアピールする舁き手たち
代取(手前)にアピールする舁き手たち
写真を見る

 栄光の「櫛田入り」、舁くのは俺たい! 六番山笠・東流(野村昌弘総務)で「追い山」と「追い山ならし」の櫛田入りの直前に行われる舁き手の選抜行事が「棒競り(棒組み)」。希望の舁き位置を巡って男たちの意地がぶつかり合う様子は必見だ。

 12日の追い山ならしでは、土居通りに待機中、流の代表取締(代取)が鉢巻きを締めると、周囲にたむろしていた男たちが殺到。目を血走らせ「われこそ適任」とばかりに肩をグイと突き出す。「オラ、まっすぐ立たんか!」と怒気を含んだ声が響く中、代取が意中の舁き手をバンとたたいて選考終了。見物していた同市南区の40代女性は「ピリピリした緊迫感がすごい」と驚いた様子だった。

=2018/07/14付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]