博多人形師田中さん 教室生の作品展開く はかた伝統工芸館

人形教室の生徒らの作品が並ぶ成果展の会場。後方は田中勇気さん
人形教室の生徒らの作品が並ぶ成果展の会場。後方は田中勇気さん
写真を見る

 若手博多人形師の田中勇気さん(29)が2年余り前から開く人形教室の生徒作品を集めた成果展が、福岡市博多区上川端町のはかた伝統工芸館で開かれている。24日まで。入場無料。

 19人の31点を展示。東京五輪・パラリンピックの大会マスコットや西日本新聞「あなたの特命取材班」のマスコット「あなとくちゃん」をデザインした谷口亮さん(43)の「もう一杯!」は酒器を持つ赤鬼のリアルな質感が特徴で、本職の作品と見まがう出来栄え。

 このほか、マイコン制御で少女が手にした線香花火に池の金魚が近寄る仕掛け人形や、擬人化した猫の曲芸など、博多人形の枠に収まらない個性作が並ぶ。

 田中さんは「自分だと思いつかないような世界観の作品も多く、斬新な創作人形の世界を楽しんでほしい」と話した。

=2018/07/21付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]