おはやしに合わせ「博多のもちつき」 町家ふるさと館

写真を見る

 おはやしに合わせてリズミカルに餅をつく「博多のもちつき」が10日、福岡市博多区冷泉町の博多町家ふるさと館であり、大勢の見物客でにぎわった=写真。

 博多の伝統文化を継承していくための恒例行事で、旧正月に合わせて実施している。博多町人文化連盟のメンバーがおはやしを奏でる中、地元消防団員らが大型のしちりんで蒸したもち米40キロを勢いよくついていった。

 熊本市から訪れ、初めて博多独特のもちつきを見たという女性(62)は「もっとこぢんまりとするのかと思っていたけど、こんなに盛大だとは思わなかったです」と話していた。

=2019/02/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]