第85回独立福岡展

 福岡出身の洋画家児島善三郎らが1930年に立ち上げた美術団体「独立美術協会」(東京)の地方巡回展「第85回独立福岡展」が3月13日から、福岡市中央区天神の県立美術館で開かれる。18日まで。

 福岡展には大津英敏さん、奥谷博さん、絹谷幸二さんら会員のほか、地元出品作家らの力作計113点を展示。このうち、福岡県久留米市三潴町の会員、池末満さん(66)の「川の底」は、筑後川の支流を「人生」に見立てて描いており、川面に映る青空が未来への希望を感じさせる。

 入場料は、一般800円、高大生600円、中学生以下無料。独立福岡展事務局=0942(65)1390。

=2018/02/23付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]