デザインユニット「COMPANY」展 17日-4月22日 福岡市のイムズ

ヨハン・オリンさん(左)とアーム・ソンさん
ヨハン・オリンさん(左)とアーム・ソンさん
写真を見る

■伝統と現代の作品が融合

 フィンランド人男性のヨハン・オリンさんと韓国人女性のアーム・ソンさんの2人で構成するデザインユニット「COMPANY(カンパニー)」の作品展が17日、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで始まる。4月22日まで。

 2007年からロシア、韓国、エストニアなど世界各国の伝統工芸と現代デザインの融合を試みるシリーズを発表。最近は、福岡や佐賀の工芸職人らと活発に交流しながら、郷土玩具やちょうちんなど「和」をモチーフにした創作活動を展開している。

 会場では「森のヒミツ」をテーマに、福岡県八女地方の和ごまを人物に見立てたオブジェや樹木をデザインしたロシアのマトリョーシカなどを展示。17日午後6時半から、カンパニーが来場者の質問に答える交流会もある(予約不要)。入場料は一般400円、学生300円、高校生以下無料。前売りは各100円引き。アルティアム=092(733)2050。

=2018/03/05付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]