全国陶磁器フェア 多彩な作品 20万点一堂に

多彩な焼き物が展示販売されている全国陶磁器フェアの会場(昨年)
多彩な焼き物が展示販売されている全国陶磁器フェアの会場(昨年)
写真を見る

■21-25日 マリンメッセ福岡

 全国各地の多彩な焼き物が一堂に集う「第20回全国陶磁器フェアin福岡2018」が21日から、福岡市博多区沖浜町のマリンメッセ福岡で開かれる。陶芸作家らによる約20万点の作品を販売する。25日まで。

 九州の有田(佐賀)、伊万里(同)、小石原(福岡)、波佐見(長崎)をはじめ、萩(山口)、九谷(石川)、信楽(滋賀)、備前(岡山)など全国の主要産地から200以上の窯元が新作を中心に出展。漆器やガラス工芸品もある。

 大分県中津市の鳥の唐揚げや福岡市の豚骨ラーメンなど九州の名物料理が勢ぞろいした「逸品うまかもん市」や絵付けやろくろを体験するコーナーもある。「陶磁器カフェ」では、出展作家の器で入れたてのコーヒーなどが味わえる。

 入場料は当日600円(前売り500円)、高校生以下無料。開場は午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。事務局=092(711)7605。

=2018/03/08付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]