「DRUM TAO」新作舞台 19日から福岡県久留米市など

和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」
和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」
写真を見る

■独創的な和太鼓演奏が魅力

 大分県竹田市久住町を拠点に国内外で活動する和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」の新作「RHYTHM OF TRIBE-時空旅行記」が19日、福岡県久留米市の石橋文化ホールで開かれる。27、28日は北九州市小倉北区の北九州芸術劇場、6月5、6日は福岡市中央区のアクロス福岡で開催される。

 独創的な和太鼓の演奏と映像を駆使した表現力が魅力。「サムライ」に扮(ふん)したメンバーが、過去と現代を行き交う魂の旅にいざなう。コシノジュンコが手掛けた衣装デザインなども見どころだ。

 入場料、開演時間は次の通り。久留米=全席指定7千円(午後1時半、同6時)。北九州=SS席7700円、S席6700円、A席5700円(27日同5時、28日同1時)。福岡=SS席7700円、S席6700円、A席5700円、B席3500円(6月5日同7時、6日同1時、同7時)。事務局=092(721)2015。

=2018/05/14付 西日本新聞夕刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]