バスキアとNYアーティストたち Roland Hagenberg写真展

 9月8日(土)~10月21日(日)、福岡市中央区天神のイムズ8階、三菱地所アルティアム。1980年代のニューヨークで活躍し、グラフィティアートで有名なジャンミシェル・バスキアを中心に、親交のあった芸術家アンディ・ウォーホル、キース・ヘリングらの肖像写真などが展示される。

 雑誌「VOGUE」などに多数寄稿したライター、ローランド・ハーゲンバーグがバスキアのスタジオで撮った制作風景の写真や取材メモなどは当時のアート界を記録する貴重な資料。約30点の写真は国内で初めて公開される。

 入場料は、一般400円(前売り300円)、学生300円(同200円)、高校生以下無料。10月16日は休館。アルティアム=092(733)2050。

=2018/08/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]