なぜ?一晩中鳴くセミ…昼光性から夜行性に変化する昆虫

若(わか)いススキの穂先(ほさき)にとまって寝ているナミアゲハ。体に何かがぶつかるような刺激(しげき)を受けると、びっくりして飛び立つものの、暗闇(くらやみ)をまともに飛ぶことはできず、近くの草などにすぐとまる
若(わか)いススキの穂先(ほさき)にとまって寝ているナミアゲハ。体に何かがぶつかるような刺激(しげき)を受けると、びっくりして飛び立つものの、暗闇(くらやみ)をまともに飛ぶことはできず、近くの草などにすぐとまる
写真を見る
夏の日暮れ直後。日が暮れたことを忘れて樹液(じゅえき)をすっているオオスズメバチの目の前にセスジスズメが飛んできて、長い口をのばして樹液をすい始めた。びっくりしたハチが顔を上げて、いかくしているところ
夏の日暮れ直後。日が暮れたことを忘れて樹液(じゅえき)をすっているオオスズメバチの目の前にセスジスズメが飛んできて、長い口をのばして樹液をすい始めた。びっくりしたハチが顔を上げて、いかくしているところ
写真を見る
羽をすり合わせ大きな音を出して鳴いているクツワムシ。一晩中、鳴いては休み、鳴いては休みを繰(く)り返している
羽をすり合わせ大きな音を出して鳴いているクツワムシ。一晩中、鳴いては休み、鳴いては休みを繰(く)り返している
写真を見る
キキョウの花の中で寝ているヒゲナガハナバチ。メスはいつも地中の巣の中で寝ているが、オスはこのような場所で仲間同士集まって寝ることが多い
キキョウの花の中で寝ているヒゲナガハナバチ。メスはいつも地中の巣の中で寝ているが、オスはこのような場所で仲間同士集まって寝ることが多い
写真を見る

 昼間目にする昆虫たちは、日が暮れると当然のように休みます。どんなところで寝ているのかと思って探してみても、その姿はなかなか簡単には見つけることができません。

 昼間活動しているその辺りに適当にとまって寝ているのではありません。風が吹いても吹き飛ばされないように、タヌキなどの野生動物が走り回って踏んだりはじき飛ばされたりしないようにします。また早起きして餌探しをする鳥に見つからないように、昆虫といえども、それぞれに安全な場所を考えて寝場所にしているのです。

 ところで、昆虫の中にも昼間だけではなく、夜になってから活動するものがたくさんいます。代表的なのが電灯などの明かりによく飛んでくるガですが、そんなガの中にも昼間に活動して、夜になると休んでしまう種類もかなりいます。

 明るい昼間に活動する種類、暗い夜になってから活動する種類と、それぞれの昆虫は本来決まっているのですが、どうも最近はそのあたりがあやふやになってきている気がします。

 たとえば、夏の大都会の公園では、セミが一晩中鳴いていたりします。これは夜になっても周囲が明るいので、寝るのを忘れて鳴き続けているのかもしれません。

 また、私の家の庭にクロオオアリの巣がいくつもあり、春になると一斉に巣口を開けて活動を始め、暖かい季節のあいだ地上をあちこち歩き回って餌探しをしている姿を見ていたのですが、数年前からそんな姿があまり見られなくなってしまいました。庭の環境が悪くなってアリたちがいなくなったものと思っていたところ、なんと夜になって涼しい時間に巣から出てきて働いていたのです。

 これなどは明るさには関係なく、地球全体の温暖化が影響しているのではないかと思われます。暑い日中をさけて気温が低くなった夜に活動しようと、昼光性から夜行性にその習性を変えていたのです。


=2016/12/20付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]