夏の風物詩、鵜飼い始まる

夕日に照らされた筑後川で、アユを求めて泳ぐウ
夕日に照らされた筑後川で、アユを求めて泳ぐウ
写真を見る

 福岡、大分両県を流れる筑後川水系のアユ漁が解禁された20日、福岡県朝倉市の原鶴温泉近くの筑後川で伝統漁法「鵜飼い」が始まりました。屋形船に乗った見物客は、ウを操って川魚を捕獲する鵜匠の妙技に歓声を上げながら見入っていました。

【紙面PDF】夏の風物詩、鵜飼い始まる

 鵜飼いは、魚をのみ込まないよう首にひもを巻いたウにアユなどを捕らせる日本古来の漁業の方法です。舟の先端の明かりに照らし出された魚を目がけて突進するウに、客たちは興味津々。夏の風物詩を満喫していました。この日は第65回原鶴温泉川開き花火大会もあり、約3000発が筑後川上空を彩りました。

 鵜飼い見物の乗合船の運航は9月30日まで行われます。

【紙面PDF】夏の風物詩、鵜飼い始まる

=2016/05/27付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]