【おしごと拝見】活版印刷 文林堂 福岡市城南区 一文字一文字 作り手の温かさ

ぎっしり活字が詰(つ)まった棚(たな)のある印刷店で活版印刷に挑戦(ちょうせん)するこども記者
ぎっしり活字が詰(つ)まった棚(たな)のある印刷店で活版印刷に挑戦(ちょうせん)するこども記者
写真を見る

 今は家庭用のプリンターで簡単に名刺やはがきが印刷できるが、昔は印刷所にお願いして「活版印刷」という方法で刷ってもらっていたそうだ。手間も人手もかかるというこの方法、今も続けている職人さんをこども記者が取材した。

【紙面PDF】おしごと拝見 活版印刷 文林堂 福岡市城南区 一文字一文字 作り手の温かさ

 ●鉛でできている

 「うわあ、すごい!」

 印刷所の「文林堂」(福岡市城南区)を訪ねたこども記者は、壁一面に並んだ文字のスタンプの数に驚いた。このスタンプは「活字」と呼ばれている。常用漢字だけでも2千文字以上、加えて仮名や数字もある。活版印刷では、この活字を組み合わせた板状の「版」にインキを塗り、刷り上げる。

 店主の山田善之さん(74)は、お父さんが経営していた印刷所で10歳から手伝いをしてきたそうだ。近所から名刺などの注文を取って、活字を拾い、印刷まで手がけてお小遣いを稼いでいた。「活字を組み合わせるのが、ブロック遊びのようで好きでした」と話す。

 山田さんにいろんな大きさの活字を見せてもらった。約15ミリメートル四方からマッチ棒ほどの大きさまでいろいろある。持ち上げてみたこども記者は「意外と重い」。活字は鉛などの金属で作られているからだ。「虫眼鏡で見て、やっと分かるような文字もあった。昔は手で彫っていたと考えると、活字を大切に扱いたくなった」(松本記者)

 ●印刷は1枚ずつ

 山田さんの指導の下、こども記者は、名刺サイズのメッセージカードを刷らせてもらった。

 原竹記者は「いつもありがとう」と刷ることにした。ひらがなだけが入った箱から活字を拾ったが、「これに漢字が入ってくるとなると、とてもたくさんの活字があるから、選ぶだけでも一苦労だ」。

 拾い終えた活字を組んでもらったら、いよいよ印刷だ。山田さんは、印刷機のレバーを握ったこども記者に向かって「思いを込めて刷ってね」と話しかけた。

 印刷機に、紙を1枚ずつセットし、レバーを下げて圧力をかけて、紙にインキを写す。レバーにかける力によって、インキがかすれたり、紙に跡が残ったりする。「1枚ずつしか印刷できないことに驚いた。手間がかかるが、できあがりを見るときにどきどきわくわくする」(森記者)

 最後に活字に付いたインキを掃除した後、きちんと元の場所に戻した。置き場所がばらばらになると、字を探すのに時間がかかってしまうからだ。

 ●手間と心こめて

 刷り終えた原竹記者は「私は25枚刷るだけでも、疲れたのに、山田さんは一晩で3千枚刷ったことがあるそうだ。すごい」と、大変さを思いやっていた。

 実際、活版印刷は大変だ。手間や人手がかかるのはもちろん、活字を置く場所もいる。山田さんも1972年に文林堂を開いたとき、新しい印刷技術を導入して、活字を全て処分したそうだ。

 けれども、山田さんは約15年前から廃業した印刷所などから活字や道具を集めながら、活版印刷をもう一度始めた。注文を取って、活字を組んで、1枚ずつ印刷して、できあがったら感謝される。お客さんと気持ちを通わせて仕事をした子ども時代のような仕事をもう一度したいと思ったからだという。

 活版印刷を注文する人は、手仕事に魅力を感じた若い人たちが多いそうだ。森記者も取材を終えて感じたことがあったようだ。「パソコンや自動コピー機がほとんどの今の時代、活版印刷は古いのかもしれない。でも、作り手の心のこもった活版印刷は、温かく、味わいが感じられる。山田さんのような職人さんがいつまでも存在し続けてほしいと思う」

 ●活版印刷の工程

 (1)文選 活字を拾う

 (2)組み版、植字 活字を紙のサイズに合わせて組み合わせる

 (3)校正 試し刷りをして、文字の向きや種類が間違っていないか確認

 (4)インキを塗って印刷する

 (5)解版 活字のインキを落とし、ばらばらにして元の場所に戻す

【紙面PDF】おしごと拝見 活版印刷 文林堂 福岡市城南区 一文字一文字 作り手の温かさ


=2016/07/02付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]