【おしごと拝見】仏壇作り 福岡県八女市 「漆工房 岩弥」で体験 職人が分担 伝統受け継ぐ

近松さんに教えてもらいながら金箔を鉛筆に押す体験をした
近松さんに教えてもらいながら金箔を鉛筆に押す体験をした
写真を見る
漆を塗る前の下地をほどこす作業も体験した
漆を塗る前の下地をほどこす作業も体験した
写真を見る
八女伝統工芸館に展示されている、高さ6・5メートル、幅3・8メートルの仏壇
八女伝統工芸館に展示されている、高さ6・5メートル、幅3・8メートルの仏壇
写真を見る
仏壇に金箔を押す職人さん
仏壇に金箔を押す職人さん
写真を見る
漆の魅力、アクセサリーに
漆の魅力、アクセサリーに
写真を見る

 あなたの家には仏壇があるかな? じっくり眺めたことがない人もいるだろうけれど、一つの仏壇を作るにはたくさんの工程があり、職人技がつまっている。仏壇作りの伝統が受け継がれる福岡県八女市を訪ね、その工程をになう「漆工房 岩弥」の仕事をのぞいた。

【紙面PDF】おしごと拝見=仏壇作り 福岡県八女市 「漆工房 岩弥」で体験

 僕たちが最初に向かったのは、八女市の八女伝統工芸館。八女の仏壇作りなどについて学ぶことができる施設で、近くに店を構える「岩弥」の漆職人、近松敏夫さん(56)が迎えてくれた。

 「そもそも仏壇って何か知っとる?」と近松さん。亡くなった家族や先祖に手を合わせるところかな…。「仏壇はお寺に行かなくても家庭でお参りできるように作られたもの。いわば、お寺のミニチュア版」と教えてくれた。仏壇作りが八女で栄えたのは、山と川があり、豊富な材木を川から運べたからだそうだ。

 仏壇ができるまでには大きく八つの工程がある。(1)スギやヒノキで仏壇の本体を作る(木地作り)(2)仏壇の屋根や柱など細かい部分を作る(3)花や鳥などの図柄を彫刻する(4)金具を作る(5)漆を塗る(6)金箔を「押す」(7)金粉などで漆の表面に絵や模様をつける(8)組み立てる-だ。八女ではそれぞれの工程に専門の職人さんがいて、たくさんの工房が分担して一つの仏壇を作り上げている。完成までに最低でも半年かかるそうだ。

 漆職人の近松さんの担当は(5)と(6)。漆は木からとれる自然の塗料で、つやがあるのに落ち着く感じがする。早速、近松さんを含め2人の職人さんが働く工房を訪ねた。

 「実は漆を塗る前の作業が大変なんです」と近松さん。木地の表面を丈夫に滑らかにするため、魚の皮や骨が原料のゼラチンを主成分とする「にかわ」などを下地として塗り重ねる。そして漆を塗る。漆はほこりに弱く、湿度や温度によっても変化するため、作業はとても気を使うそうだ。

 次は金箔だ。職人さんは「はる」ではなく「押す」というらしい。僕たちも鉛筆に金箔を押す体験をさせてもらった。

 金箔は手でこすると消えてなくなり、驚いた。鉛筆にはろうと、少し力を入れただけで破れ、力を抜くとしわが寄った。できあがると、鉛筆表面の「HB」などの刻印の隙間にもきれいに密着していた。こんなにも扱いが難しい金箔を手際よく押す近松さんたちの作業は、まさに職人芸だった。

 ●漆の魅力、アクセサリーに

 近松敏夫さん(56)の店では仏壇のほか、漆塗りのアクセサリーを売っている=写真。色鮮やかなペンダントや髪飾りなどがあり、仏壇とは違った漆の魅力を感じられる。

 アクセサリーは、切り出した木材に漆を塗って作る。仏壇に使う漆はほとんどが黒だが、アクセサリーは赤や黄色、青など色鮮やかだ。木でできているから、大きさの割に身に着けても軽く感じる。

 近松さんの家は、おじいさんの代から続く職人一家。「自分もこの仕事に就くんだろうと思って育った」といい、高校卒業後は6年間、京都の漆職人のもとで修業もした。「1人で作業ができるようになるには10年かかる」そうだ。これまでに家庭用だけでなく、寺の大きな仏壇や佐賀の祭り「唐津くんち」の曳山(ひきやま)の修理も手がけてきた。

 長い間、お兄さんと一緒に店を営んでいたが昨年、今の自分の店を開いた。「新しいことをやってみたい」とアクセサリー作りを始めた。「漆は生きている」と近松さん。自然の塗料だから、環境や時間とともに色もつやも変化する。「そんな漆の魅力を気軽に楽しんでほしい」と笑った。

 ●わキャッタ!メモ

 ▼八女福島仏壇 江戸末期の1850年ごろに製造技術が築き上げられ、発展。1977年、法律に基づき国が指定する「伝統的工芸品」になった。制作は一部を除いて手作業で、それぞれの工程に伝統技術が受け継がれている。伝統的工芸品の標準的な仏壇はおよそ200万円。

【紙面PDF】おしごと拝見=仏壇作り 福岡県八女市 「漆工房 岩弥」で体験


=2018/01/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]