【きょうのテーマ】装飾古墳を見に行った 王塚古墳 福岡県桂川町

装飾古墳館に復元された石室の天井には北斗七星らしき文様も描かれていた
装飾古墳館に復元された石室の天井には北斗七星らしき文様も描かれていた
写真を見る
被葬者を安置した後室には三角文や盾、星が描かれている(復元模型)
被葬者を安置した後室には三角文や盾、星が描かれている(復元模型)
写真を見る
写真を見る

 ●想像力かきたてる古代人の表現力

 福岡県桂川町にある王塚古墳(前方後円墳・6世紀中ごろ)は、石室に絵や着色が施されている「装飾古墳」です。極彩色の華麗な文様で、1952年に装飾古墳としては初めて国の特別史跡に指定されました。その石室は保存のため普段は非公開ですが、10月に特別公開され、こども記者が取材しました。

【紙面PDF】きょうのテーマ=装飾古墳を見に行った

 王塚古墳では、貫頭衣(古代の服)姿の王塚装飾古墳館学芸員の長安慧さん(24)が私たちを古墳の中に案内してくれた。長安さんによると、全国には約15万基の古墳が現存するが、装飾古墳はわずか約600基。王塚古墳のほかには高松塚古墳、キトラ古墳(いずれも奈良県)が特別史跡に指定されている。

 ガラス越しに石室を見た。薄暗い照明に目が慣れてくると、全体が赤く塗られ、生き生きとした馬の姿やさまざまな文様が色鮮やかにびっしりと描かれているのが見え、古代人の豊かな表現力に驚いた。1500年の時を超えて古代と今がつながったと感じた。

 ■天井に広がる星空

 本物の古墳に続いて、隣接する装飾古墳館に行った。館内には石室が原寸大で復元されていて、文様を間近でくわしく見ることができる。石室は前室と4人の被葬者を安置した後室からなり、前室には左右に計5頭の黒馬、赤馬が描かれていた。乗り手の姿は小さく表現され、長安さんは「馬が主人公の壁画は珍しい」と話した。「馬好きの人が葬られた」「馬は富や権力を表しているのでは」と想像力をかきたてられた。

 後室の壁には三角文や盾などの武具が描かれていた。三角には魔物を避ける力があると信じられていたそうだ。上部には「星」とされる黄色い点がちりばめられ、天井には北斗七星らしき文様もあった。

 壁画は赤、黒、緑、黄、白の5色で彩られ、私たちは特に緑が美しいと思った。緑は海緑石という顔料で産炭地でよく採れるそうだ。石炭で知られる筑豊地方ならではの色だと思った。

 ■「王」とは誰か

 装飾古墳の半分以上が九州に集中している。これは九州の豪族が古墳を装飾する文化を持つ、朝鮮半島の国・新羅と交流した影響と考えられている。

 私たちが王塚古墳の「王」とは誰かと聞くと、長安さんは(1)535年に大和政権が地方支配の拠点を筑豊に置いた(2)前方後円墳は大和政権の力の象徴-などと説明し、「大和政権から権力を与えられた地元の大豪族だろう」と推測した。

 取材を終えて外に出ると、古墳前の広場で「王塚古墳まつり」が開かれていた。特産品などを販売するテントが立ち並び、来場者でにぎわっていた。王塚古墳は地域のシンボル。古代から未来へと受け継がれるべき「宝物」と知った。

 ●町をあげて、古墳守った歴史

 私たちは長安さんと王塚古墳を1周し、発見から文化財として保存されるまでの歴史を聞いた。

 王塚古墳は1934年、土を採る作業中に偶然発見され、すでに一部が大きく削られてしまっていた。古墳の存在は忘れられていたが、調査で地域の古老の間に「王塚」という言葉が伝えられていると分かり、古墳の名前になった。

 48年には古墳がある一帯での石炭の採掘計画が持ち上がった。敗戦後で、石炭エネルギーによる生産力回復が最優先とされた時代だったが、町をあげての反対運動が巻き起こり、計画は中止された。

 80年には地元有志と学識経験者が「王塚古墳保存会」を結成し、古墳の保存と整備の重要性を国や県に訴えた。87年に整備工事が始まり、90年から特別公開が始まった。長安さんは「地域の人たちが長年思いをつないで王塚古墳を守ってきたことをぜひ知ってほしい」と私たちに語りかけた。

 ●わキャッタ!メモ

 ▼王塚古墳 削られる以前の古墳の大きさは全長約86メートル、幅約60メートルと推測されている。石室は横穴式で全長6.75メートル、天井の高さは最大で3.72メートル。次回の特別公開は来年4月の予定。王塚装飾古墳館の入場料は大人320円、中高生160円、小学生100円。原則月曜と12月29日~1月3日は休館。問い合わせは同館=0948(65)2900。

【紙面PDF】きょうのテーマ=装飾古墳を見に行った

=2018/12/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]