休日の過ごし方 こども記者にたずねた 「ぼーっとする時間」ほしい子も

 ▼飯田 桃子記者 就寝・起床の時間はいつも変わらない。「塾」はお昼は英語塾で夜は学習塾。部活に入っていない分、勉強に励んでいる。スポーツの時間をふやしたい。 (福岡県福津市・津屋崎中1年)
▼飯田 桃子記者 就寝・起床の時間はいつも変わらない。「塾」はお昼は英語塾で夜は学習塾。部活に入っていない分、勉強に励んでいる。スポーツの時間をふやしたい。 (福岡県福津市・津屋崎中1年)
写真を見る
 ▼清武 琳記者 家事の時間には、家族みんなでそうじや花植え、かっている犬を洗うなどしている。新聞のイベント情報を見てお出かけすることもある。 (福岡県粕屋町・粕屋中央小4年)
▼清武 琳記者 家事の時間には、家族みんなでそうじや花植え、かっている犬を洗うなどしている。新聞のイベント情報を見てお出かけすることもある。 (福岡県粕屋町・粕屋中央小4年)
写真を見る
 ▼長島 康朗記者 グラフに描いてみると、テレビやゲーム、遊びの時間が多いのに気づいた。宿題の時間をもっと増やしたい…けど、やっぱりゲームをしたい。 (福岡県新宮町・新宮北小5年)
▼長島 康朗記者 グラフに描いてみると、テレビやゲーム、遊びの時間が多いのに気づいた。宿題の時間をもっと増やしたい…けど、やっぱりゲームをしたい。 (福岡県新宮町・新宮北小5年)
写真を見る
 ▼伴 瑠依子記者 理想は睡眠時間をもう1時間でも増やすこと。寝る時間を早めたい。休みの日は、遊びやストレッチなどリフレッシュの時間をしっかり取れていると思う。 (福岡市・上智福岡中1年)
▼伴 瑠依子記者 理想は睡眠時間をもう1時間でも増やすこと。寝る時間を早めたい。休みの日は、遊びやストレッチなどリフレッシュの時間をしっかり取れていると思う。 (福岡市・上智福岡中1年)
写真を見る
 ▼樋口 莉香記者 午前中にやらないといけないことは、だいたい終わらせる。午後は好きなことをして遊ぶ。平日と同じように友だちとドッジボールをするなど、外で遊びたい。 (福岡市・多々良小5年)
▼樋口 莉香記者 午前中にやらないといけないことは、だいたい終わらせる。午後は好きなことをして遊ぶ。平日と同じように友だちとドッジボールをするなど、外で遊びたい。 (福岡市・多々良小5年)
写真を見る
 ▼吉井 南遙記者 自分で時間を決めてテレビゲームをしている。でも、なかなかやめられない。ゲーム依存症になるのがこわいから「ゲームの時間」が実はきらい。 (福岡県宮若市・宮田北小5年)
▼吉井 南遙記者 自分で時間を決めてテレビゲームをしている。でも、なかなかやめられない。ゲーム依存症になるのがこわいから「ゲームの時間」が実はきらい。 (福岡県宮若市・宮田北小5年)
写真を見る

 みなさんは学校が休みの日をどう過ごしていますか。宿題や習い事でいそがしい? それとも、のんびりしている? 今の小中学生の「リアル」に迫ろうと、こども記者にたずねたところ、53人が答えてくれました。円グラフに描いたそれぞれの「休日の過ごし方」を6人分掲載しました。

【紙面PDF】休日の過ごし方 こども記者にたずねた

 53人の中には、休日の午前と午後に分けて複数の習い事に通う子が少なくとも4人いました。そのうちの小6男子は「土曜はハードスケジュール。習い事と習い事の間の移動中に、車で昼ごはんを食べる」そうです。平日も土日もいそがしい子もいて、「平日にピアノの練習をしたいけれど、いそがしくてできない。でも土日は宿題が多くてピアノができない」という小4女子もいました。

 一方で「平日はいそがしいから土日はのんびりする」という子も少なくありません。それは睡時間にも表れていて、休日に起きる時間が午前8時以降の子が16人。ある中1女子は「普段あまり寝ていないので休日は9~10時間寝る!」といい、「みんなにびっくりされるけれど、午後7時に寝る」という小5女子もいました。

 一方、休日も朝5時台に起きる子が3人いました。「午前6時に野球に行くときもある。1日長いけど充実している」(小4男子)という意見もありました。

 「本当はもっと増やしたい時間」をたずねると、「遊び」という子が23人で最も多く、「睡眠」(15人)「読書」(10人)。中には「1人でいる時間」「ぼーっと心をのぞく時間」と答えた子もいました。

 ◇ ◇

 37歳の私が小学生のころ、「いそがしい」と思った記憶はありません。宿題も今ほど多くなかったのかもしれません。しかし、現代ではスマートフォンが広く使われ、ラインなどの会員制交流サイト(SNS)やゲームを気軽に楽しめるようになりました。その結果、多くの大人も睡眠や読書、「ぼーっとする時間」を減らしているようです。

 今や私もそんな大人の一人です。今回聞いたこども記者の声が、自分の時間の使い方を見つめ直すきっかけになりました。限られた時間をどう使っているか、そのとき何を感じているか-。読者のみなさんも円グラフに自分の1日の過ごし方を描きだしてみると、何かが見てくるかもしれません。

【紙面PDF】休日の過ごし方 こども記者にたずねた

=2019/02/05付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]