【世界のミカタ】インド 留学生 タルン・ネギさんに聞く 毎日カレーは食べないよ

タルン・ネギさん。アニメをきっかけに日本にやって来た
タルン・ネギさん。アニメをきっかけに日本にやって来た
写真を見る
写真を見る
山々に囲まれたデラドゥーンの街。ヒマラヤ山脈に近い渓谷にある
山々に囲まれたデラドゥーンの街。ヒマラヤ山脈に近い渓谷にある
写真を見る
タルンさんの家。インドの伝統的な建築様式で建てたそうだ
タルンさんの家。インドの伝統的な建築様式で建てたそうだ
写真を見る
タルンさんの家族。おばあさんたちはインドの伝統衣装サリーを着ている
タルンさんの家族。おばあさんたちはインドの伝統衣装サリーを着ている
写真を見る
ガンジス川とタルンさんのお母さん。インドでは結婚している女の人は額に印を付ける
ガンジス川とタルンさんのお母さん。インドでは結婚している女の人は額に印を付ける
写真を見る
インドでよく食べられるプラオという炊きこみご飯
インドでよく食べられるプラオという炊きこみご飯
写真を見る
ありがとう (ヒンディー語)ダニエワード
ありがとう (ヒンディー語)ダニエワード
写真を見る

 ●子どもの憧れ、俳優や歌手

 言葉や肌の色、宗教がちがう人々が、同じ地球にくらしています。日本で働いたり学んだりする外国人が増え、みなさんの身近になりつつあります。新しいコーナー「世界のミカタ」では九州に住む外国人らが、ふるさとについて話します。広くもあり、せまくもある世界を知ると、物の見方が変わるかもしれません。第1回はインドから福岡市に日本語を学びにきた留学生、タルン・ネギさん(22)に聞きました。

【紙面PDF】世界のミカタ=インド 留学生 タルン・ネギさんに聞く

 「インドでは毎日カレーを食べるの?って聞かれますが、そんなことはありません」

 タルンさんは笑いながら、日本人が持つインドのイメージをひっくり返す。インドの人々がよく食べるのは、スパイスを使った豆料理や野菜料理で、カレーとはちがうという。気候についても、インドは暑いというイメージを持たれがちだけど「インドは広い。私のふるさとは山に囲まれ、冬には山に積もった雪が見えます」。

 タルンさんが生まれ育ったデラドゥーンはインド北部の街。遠くにはヒマラヤ山脈が見える。子どものころは鬼ごっこやかくれんぼをして遊んだ。「日本人と同じでしょ」とほほ笑む。日本のアニメが好きで「ドラゴンボール」や「ドラえもん」をよく見ていた。

 インドにも日本の小中学校や高校に近い制度があるけれど、日本とはちがう。私立学校では英語で授業が行われる。

 タルンさんが子どものころは午前8時に学校に行き、午後1時ごろに下校していた。放課後、子どもたちの多くは塾に通う。塾といっても日本とはちがって、地域の人が子どもに勉強を教える集まりのようなもの。一方で「学校に行っていない子もいる」とタルンさん。貧困や学校の不足が主な理由だ。

 インドでは映画産業が盛んで、俳優や歌手を夢見る子どもが多い。では、いま日本で学ぶタルンさんの夢は何? 「インドのことを日本や世界に発信していくこと」と笑った。

 ●こどものQ

 インドの人は川で体を洗うというのは本当ですか?

 悪いことをしたとき、それを洗い流し身を清めるという、インドに伝わる儀式の一つです。私は無宗教だけど、川で身を清めたことがありますよ。

    ×      ×
国名 インド
首都 ニューデリー
面積 328万7469平方キロ
人口 12億1057万人
      (2011年国勢調査)
通貨 ルピー
宗教 ヒンズー教約80%、イスラム教約14%、キリスト教、シーク教など
民族 インド・アーリア族、ドラビダ族など
言語 公用語はヒンディー語。ほかに憲法で公認されている州の言語が21
  ※外務省ホームページより

【紙面PDF】世界のミカタ=インド 留学生 タルン・ネギさんに聞く

=2019/04/03付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]