修理したグラス、新たに確認した甲冑…… 熊本地震の文化財レスキュー 九博が企画展で紹介

熊本市内の個人宅で新たに確認された甲冑「黒革紺糸威胴丸」

 2016年4月の熊本地震では文化財も被災し、美術館の作品が壊れたり、古民家に残る史料が失われそうになったりした。九州・山口の博物館や行政、大学の関係者が連携して守った文化財を通じて、防災の心得や文化財保護の意義を伝える企画展が九州国立博物館(九博、福岡県太宰府市)で開かれている。

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]