西日本新聞電子版 1周年記念プレゼント

娘に“小遣い”104万円一括渡し 携帯電話料金でもめ高校3年分 子育てコラム 話題に

子育てコラムが人気の太刀山美樹さん
子育てコラムが人気の太刀山美樹さん
写真を見る
ウェブサイト「ファンファン福岡」
ウェブサイト「ファンファン福岡」
写真を見る

 ●ウェブサイト「ファンファン福岡」 
 福岡の女性を応援する西日本新聞関連ウェブサイト「ファンファン福岡」で、ある子育てコラムが話題を呼んでいる。筆者は、娘に高校3年分の小遣いや定期代など104万円を一括して渡したお母さん。自分なりに工夫しながら生活感を身に付けていく娘と、見守る母親の思いをつづった内容で、異例のアクセス数となっている。

 執筆したのは、福岡市で子どもを対象にダンスや体操のスタジオを展開する「MIKI・ファニット」の社長、太刀山美樹さん(47)。高校入学を機に持たせた携帯電話の請求書が、初めて自宅に届いたのがきっかけとなった。予想以上に高かった使用料金を見て、娘に一括渡しを提案。3年間で必要な経費を割り出したのが104万円という額だった。

 一括渡しを選んだ娘は以後、さまざまな壁にぶつかっていく。通帳を作ろうと放課後に銀行へ足を運んでも、営業時間が既に終わっていたり。そして娘は…。

 前編が今月6日、後編が13日に掲載され、計10万を超えるアクセスがあった。太刀山さんは「子どもの自立を願う方にヒントになればうれしいです」と話している。

 コラムの冒頭の一部を紹介する。続きはこちらから閲覧を。
 http://fanfunfukuoka.com/family/7653/

   その後続編も登場!
 http://fanfunfukuoka.com/family/7915/

    ×      ×

 NAI-NAI-NAIお金ない、NAI-NAI-NAI場所もない、NAI-NAI-NAIでもとまらない~。お金も人脈も知識もなく起業した太刀山美樹です。

 この話は、娘が高校入学し、初めて携帯電話を持って、その初めての請求書が届いた、ちょうど1年生の5月初めにさかのぼります。ルールを互いに決め買ったはずでした。しかし、その携帯料金は、

○親から見ると、これは高すぎる!

○娘に言わせると、みんなはもっと高い!

 互いの解釈の目盛も論点も違います。このままでは、血をみる親子けんか勃発。ならば…。私は娘に声をかけました。

 「はいここで、質問TIMEです。将来は当然1人暮らしに憧れているよね」

 「あたりまえやん!」

 「では1人暮らし生活を考えてみよう~。どんな生活がしたい? 部屋とかは?」

 「私は三つぐらいの部屋で、仕事したら車もほしいな、洋服はそんないいとして、旅行も…」

 夢いっぱいに語る娘を私は見ながら、内心、住む部屋三つという時点で、いくらかかるのかわかってないと思いつつも、できるだけ顔には出さないで、「よし、いくらぐらいかかるか一つずつ考えていこう!」と、家賃や電気代などを項目ごとに数字を一緒に入れていくうちに(さすがに車は諦めたものの)その総額は、月に35万円ほどになりました。

 「35万か~、初任給てさ、いくらだろう?」

 「そうねえ、一般的には××万ぐらいかな」

 「え?そうなん…」。無言になる娘。

 その様子を見ながら、私はもう少し話をすすめました。

 「ここで、未来から今に戻します。高校生活3年間に必要なお金を考えましょう~!」

 「あ、それなら、まだわかるよ!」と言い考えていきました。

 「定期が西新まで、半年で7万5000円。テキストや教材代がこの前このくらいかかって…」

 「修学旅行とか特別にかかりそうなのは外して考えてみていいから…」

 「お弁当じゃなく、たまにはパンも買いたいから…。じゃあ週にこのくらいの頻度で…」

 そして、でてきた合計金額は<104万>

 ※新聞転載にあたって修正・加筆した部分があります。続きは「ファンファン福岡」で。

 【ファンファン福岡】子どもの携帯代が高いと思う方へ
 http://fanfunfukuoka.com/family/7653/

   【ファンファン福岡】続編・子どもの携帯代が高いと思う方へ
 http://fanfunfukuoka.com/family/7915/

=2014/05/31付 西日本新聞朝刊=

→電子版1周年記念!1万円分賞品券やQUOカードが当たる!!

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]