男親だからこそ できることを 知的障害ある子へ理解を 仕事上の人脈や経験を生かし

「福岡おやじたい」発足4年 啓発イベントであいさつに立った「福岡おやじたい」のメンバーたち。マイクを握る理事長の吉田正弘さんと、息子の陸人さん(左から2人目)
「福岡おやじたい」発足4年 啓発イベントであいさつに立った「福岡おやじたい」のメンバーたち。マイクを握る理事長の吉田正弘さんと、息子の陸人さん(左から2人目)
写真を見る

 ●「福岡おやじたい」発足4年

 一見して障害とは分かりにくい自閉症や知的障害のある子どもたち。彼らへの理解を深めてもらおうと、父親ら男性だけで活動するグループがある。その名も「福岡おやじたい」(一般社団法人、福岡市)。仕事上の幅広い人脈や行動力を生かし、啓発イベントや勉強会を企画。「だれもが互いに認め合う、温かい社会」を目指して活動する原動力とは-。

 今月6日、同市東区のホール。「笑顔と絆のスクラム」と銘打ち、年に1度開催している啓発イベントに、本年度はダウン症の書家として全国的に知られる金澤翔子さん親子らを招き、700人以上を集めた。

 そろいの青いTシャツで運営に当たったメンバーたち。冒頭、理事長の吉田正弘さん(61)はいつものように一人息子で知的障害がある陸人さん(20)を伴い、壇上であいさつに立った。「息子です。きょうはちょっとノリが悪いようですが」。会場が温かい笑いに包まれる。つられるように、陸人さんもにっこり笑った。

 グループは2013年、市内の児童・生徒の父親が交流する「おやじサミット」が特別支援学校で開催された際、運営に携わった障害児の父親たちが「せっかくできた横のつながりを生かそう」と14年4月に任意団体として発足。昨年6月、一般社団法人に移行した。現在、会員は父親や賛同する有志ら30代後半~60代の計17人。会社員や経営者、弁護士など職業も幅広く、それぞれのネットワークを通じて協賛金などを募って活動資金に。本年度は、専門家らを招いて発達障害を学ぶセミナーや記録映画の上映会なども開いた。

 「(障害児の)母親は子育ての一番の功労者、理解者だからこそわが子のことで手いっぱいになりがち。仕事で外に出て動ける父親だからこそできることがある」と吉田さん。一番の目的は「地域にはいろんな障害のある人がいて、ともに暮らしていると知ってもらうこと」だ。

   ◇    ◇

 吉田さん自身、息子の障害をすんなり受け入れたわけではない。生まれつき目鼻立ちがはっきりし、いつもニコニコしていた陸人さん。健診などで知的障害の可能性を指摘されたと妻に聞かされても「成長が遅いだけ」と考えた。一般の保育所から療育施設に移ると、陸人さんの表情は見違えるように生き生きし始めた。療育施設の卒園に際し、当時6歳だった陸人さんに贈る言葉をしたためる際、自然と涙がこぼれた。「できることを増やしていこうね。守ってあげるよ…いつまでも」。息子の障害をはっきり認めた瞬間だった。

 仕事を言い訳に子育てにそっぽを向く父親や、妻子と別れる夫も少なくない。おやじたいの活動に触れることで「障害を受け入れられない親が変わるきっかけになれば」と言う。

 陸人さんは通りやスーパーなどで突然、大声を上げることも。不快そうな目で見られることもしばしばだが「障害があるからだと理解してもらえば温かい目で見てくれるようになる」。

 まず親など当事者が「前向き」にとらえ、広く地域の人にも知的障害や自閉症などの特性を分かってもらう。そのためには結局「草の根で息長く、声を掛け続けていくしかない」-。メンバー共通の思いだ。

   ◇    ◇

 月1回の定例会ではイベントや研修会の準備のほか、活動の方向性についても議論を交わす。発足から4年となり、障害の特性によって就労、生活介護など「わが子」の課題も多岐にわたるため活動の優先順位に頭を悩ませ、メンバーの入れ替わりもある。それでも開設したフェイスブックのページをフォローする人は6200人を超えた。

 6日のイベントの終わりに、吉田さんは再びマイクを握った。「皆さんの中にも、きれい好き過ぎる方、片付けが苦手な方、数学の苦手な方が絶対いますよね。私は完璧、という人の方が少ない」。発達障害か、そうでないか「境目」はあいまいでは、との問い掛けだ。「そういうことが理解できれば、お互いにいい社会ができるのでは」

 男親の強みも弱さもかみしめて、おやじたちの手探りが続く。


=2018/01/25付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

ボートレース3連単直前予想

西日本新聞のイチオシ [PR]