警報が届かない 聴覚障害者の大震災体験を映画に 「きこえなかった3・11」 今村監督「情報格差をなくすために」

映画「架け橋 きこえなかった3・11」より。耳が聞こえず、仮設住宅で1人暮らしの男性(右)に扇風機を届け、使い方を説明する小泉さん(左)
映画「架け橋 きこえなかった3・11」より。耳が聞こえず、仮設住宅で1人暮らしの男性(右)に扇風機を届け、使い方を説明する小泉さん(左)
写真を見る

 音もなく足元の大地が揺れる。津波を知らせるサイレンも届かない。東日本大震災で被災した耳の不自由な人たちの「現実」を追ったドキュメンタリー映画「架け橋 きこえなかった3・11」(2013年、74分)の上映会が、震災から丸7年となる11日、福岡県久留米市であった。撮影・監督を務めた映像作家の今村彩子さん(38)=名古屋市在住=は、自身も生まれつき両耳が聞こえない。聴覚障害者らが、被災した当事者支援に奔走する姿などを2年4カ月、カメラに収めた。「目で見える情報がすべて。命に関わるとき、そんな格差があってはならない」。強い思いを込めた。

 今村さんは20歳から映画監督として活動を始め、耳の不自由な人をテーマにドキュメンタリーを撮り続けている。11年3月11日の震災発生時、愛知県内でも仕事中に震度3の揺れを感じた。テレビの字幕のないニュースでは最初、津波と分からず「なぜ海の映像が」と混乱した。

 ほどなく、手話と字幕で情報を伝えるCS放送から現地取材の打診を受けた。一見して聴覚障害があると分からない人たちは、警報や避難放送などの情報を得にくく、災害時は特に弱い立場に立たされる。「現状をしっかり取材し、伝えなくては」。気が引き締まる思いがした。番組のディレクターとして、2人のスタッフとともに現地入りすることを決めた。

 11日後の22日、名古屋から飛行機で新潟へ飛び、レンタカーで仙台に向かった。海に近づくにつれ、目を疑った。抜けるような青空に不釣り合いながれきの山、崩壊した家屋、田んぼに突っ込んだ車…。「まるで映画の中に入り込んだような感じ」だった。

    ◇   ◇

 取材のつてはほとんどなく、宮城県ろうあ協会(現同県聴覚障害者協会)会長の小泉正壽(しょうじゅ)さんを頼った。小泉さんも耳が聞こえない。携帯メールが通じない中、同協会では県内の会員(当時363人)の安否確認をして助けになろうと各地を駆け回っていた。彼らの支援活動を手がかりに、今村さんはカメラを回した。車内で寝泊まりするつもりが、いつも笑顔を絶やさない小泉さんは「寒いだろう」と自宅に泊めてくれた。

 「全部だめになった。家も服も」「放送が分からず、小学校に避難すると知らなかった」。実際に被災者の元に足を運ぶと、手話で懸命に「その時」を語ってくれた。近所の人に津波警報を知らされて何とか助かった人。避難所で話や放送が聞こえないため、周りの様子で判断しようと常に気を張り詰めていた人。聞こえないだけでなく、文字の読み書きが厳しいお年寄りとも知り合った。逆に突然のカメラに、取材を断られたこともある。

 福島県いわき市でカメラを回していた4月11日。震度6の余震に遭遇した。経験したことのない大きな揺れ。津波のサイレンが鳴ったのは、スタッフが教えてくれた。「本当に津波が来たら死んでいたかも…」。東日本大震災で、障害のある人の死亡率は、住民平均の2倍以上とされる。

    ◇   ◇

 取材した被災地は3県11市町。映画の出演者とは定期的に連絡を取っており、今もみな元気だという。ただ仮設住宅から公営住宅に引っ越した後の「孤独感」に苦しむ人もいて、今村さんは「震災はまだ終わっていない」と感じる。情報格差をなくし、聞こえる人、聞こえない人双方が歩み寄り、共に生きる社会をつくるには「日頃から互いにできる、できないことを具体的に伝え合うことが大切。それが非常時の支援にもつながる」と考えている。

 久留米市の上映会(市ボランティア連絡協議会主催)には約100人が参加。進行を務めた「久留米手話の会」の切通義和さん(45)は「熊本地震や九州豪雨でも聴覚障害者の被災者がいて、サポートが十分ではなかった。避難場所の確認など地域での事前の備えが欠かせない」と指摘した。

 映画は全国で自主上映されているほか、DVD(3240円)も販売中。自主上映などの問い合わせは「Studio AYA」=052(621)9670、studio_aya_office@yahoo.co.jp

=2018/03/22付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]