<1>無投票当選「肩身狭い」

無投票での初当選に感極まり、親族らの集まる自宅で妻と万歳をする梶原伯夫氏(右)=17日午後5時半、福岡県東峰村
無投票での初当選に感極まり、親族らの集まる自宅で妻と万歳をする梶原伯夫氏(右)=17日午後5時半、福岡県東峰村
写真を見る

 九州豪雨の被災地、福岡県東峰村の村議選(定数10)が17日、告示された。新人の梶原伯夫(64)は午前8時すぎ、もう村役場にいた。届け出を済ませて自宅に戻り、肩に手書きのたすきを掛ける。「一生懸命頑張ってまいります」。自宅前で親族や友人ら約10人に見送られ、経営するタクシー会社の車両を転用した選挙カーに乗り込んだ。

 梶原は4年前も出馬し、12票差の次点で落選した。小中学生を運ぶスクールバスの運転手をしながら、まだ再挑戦するか決めかねていた昨年7月、豪雨が襲った。被災後、バスの車窓から農地や河川、道路を見てきた。復旧はまだら模様で優先順位が分からない。「何がどうなっているのか、議員になって確かめる」と出馬を決めた。

 春雨が降りしきる。梶原の選挙カーは土のうが積まれ、路肩が崩れ、土砂で線路が埋まった現場を横目に走った。途中に掲示板を見つけては、車を止めて妻とポスターを張る。ジーンズにスニーカー。傘は差さない。有権者から「頑張って」と激励の声が飛ぶ。

 午後5時、村内で「連呼」がやんだ。梶原ら10人の無投票当選が決まった。

 17日告示された福岡県東峰村議選。午後5時を知らせる音楽が流れると、新人の梶原伯夫(64)は村役場に電話を入れ、無投票を確認した。スマートフォンを片手に、支持者に報告する声が弾む。「終わりました」「無投票です」

 自宅で家族らにお礼を述べる途中、感極まった。全員で万歳三唱。無投票について聞くと「複雑な思いもある。新人は私だけ。他の人は一度は審判を受けているので」と言った。

 村議選は当初「現職5人が不出馬」との観測が流れ、定数割れも懸念された。地域の説得などで3人は翻意したが、2人が出馬を見送った。前回初当選の柳瀬弘光(37)はその1人。1期4年でバッジを置く。

 ナシや野菜、コメを作る代々の農家。「(柳瀬は)出ないのか」と出馬を期待する周囲の声は、両親や妻にも届いた。1週間、悩みに悩んだ。

 豪雨時、要支援者を中心に約20世帯の安否確認をし、ボランティアで用水路の泥のかき出しもした。本会議の一般質問では、関心のある森林保全を訴えた。復興は道半ば。「議員の役割は重い」と思う。

 だが1カ月の半分ほどは議員の仕事に時間を取られる。特に秋は定例議会と決算審査に、出荷や稲刈りが重なる。高齢の父に無理はさせられない。「両立はできない」。不出馬の結論は変わらなかった。

   ■    ■

 宮崎県西米良村は2016年参院選で、全国最高の投票率91・13%を記録した。「主権者意識」の高いこの村でも、村議選は2回連続の無投票だった。

 「議員さんたちは何しよっとな」。新人村議の中武智和(42)は無投票でバッジを着けて3年になる。ある時、村内の知人と雑談していて、こう聞かれたことを覚えている。

 村職員を早めに退職し、家業の林業に専念していた3年前。先輩議員から「出らんや。若手がほしい」と持ち掛けられた。「村づくりに関わりたい」との思いは以前からあった。

 消防団部長、中学校PTA役員、林業研究グループ会長も務める。仕事と活動の合間を縫い、村の予算書を読み込み、一般質問を練る。6月議会では、高齢者福祉で独自の提言をしようと準備する。

 そんな姿は住民には見えにくい。無投票だから、自分が信任されている実感も持てない。「議員はそんなにリスペクト(尊敬)されていない。どちらかというと、ディスられる(けなされる)」

   ■    ■

 傍聴席に町民の姿は見当たらない。3月23日、佐賀県基山町の定例町議会最終本会議。最年少町議で新人の松石健児(50)は議長の指名で登壇し、議案の賛成討論をした。

 地元の青年会議所理事長や小学校PTA会長を務めた経歴を持つ。地域の困り事を解決したり、提言したり。自分でも「議員は性に合っている」と思うが、3年前に無投票だったことが心のどこかに引っかかっている。

 佐賀県神埼市、熊本県長洲町、氷川町、鹿児島県宇検村、瀬戸内町、錦江町、さつま町、そして東峰村。西米良村や基山町が無投票だった前回の統一地方選後、九州で立候補者が定数を超えず、無投票になった議員選は八つを数える。

 議員の「なり手不足」の果てに、有権者の審判を受けずにバッジを着けた新人議員たち。「少し肩身は狭い」。松石がつぶやいた。 (敬称略)

   *    *

 4年に1度の統一地方選まで残り1年となった。新人議員たちの活動や体験
を通して、地方議会が抱える課題と果たすべき役割を考えたい。

=2018/04/18付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]