空港出資条例案再議 未明の委員会で可決 福岡市議会

 福岡市議会は13日未明、高島宗一郎市長の再議の申し立てを受け、福岡空港の新運営会社に対する出資条例案を常任委員会で採決し、賛成多数で可決した。同日の本会議で採決される見通し。

 これに先立つ12日深夜の本会議で、定例市議会の会期を13日まで1日間再延長した。条例案は自民党が提案し、3月28日に可決されたが、これを不服とする高島市長が地方自治法に基づく再議を求める考えを表明したため、4月12日まで会期を延長していた。議会側は同日の委員会で高島市長の出席を求めたが、市長が応じなかったため要求を取り下げ、採決した。

=2017/04/13付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]