平畑、鬼塚氏が会派入り 再議決で反対の橋田氏除名 福岡市自民

 福岡市議会の自民党市議団は14日、みらい福岡を退会して無所属となっていた平畑雅博(早良区)、鬼塚昌宏(博多区)の2市議の入会を決定した。また、13日の福岡空港出資条例案の再議決で反対票を投じた橋田和義市議(中央区)を除名処分とした。

 空港出資条例案を巡り、平畑、鬼塚の両氏は3月の修正案の採決時にみらい福岡の会派方針と異なり自民側を支持して賛成票を投じた。橋田氏は修正可決時は自民の会派方針に従い賛成したが、再議決では事前に退会届を提出した上で反対票を入れた。

 自民の所属議員数は小畠久弥議長を含め18人。一連の高島宗一郎市長との対立が表面化する前は20人だった。橋田氏と、再議決で反対票を投じたとして福岡維新の会が除名処分にした天野浩市議(西区)を含め無所属議員は4人となる。その他の会派構成は次の通り。

 公明=11人▽市民クラブ=9人▽共産=7人▽みらい福岡=5人▽維新=3人▽自民新福岡=3人▽緑とネット=2人

=2017/04/15付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]