六本松に屋内駐輪場 福岡市が来春新設 駅・バス停と通路

福岡市中央区六本松に新設予定の屋内駐輪場のイメージ
福岡市中央区六本松に新設予定の屋内駐輪場のイメージ
写真を見る
写真を見る

 福岡市は2019年春、福岡市中央区六本松に400台収容できる2階建て屋内駐輪場を新設する。

 場所は市科学館などが入る複合施設「六本松421」から、国道202号を挟んだ向かい側。現在は仮設駐輪場として使われている市有地(広さ約300平方メートル)。延べ床面積約450平方メートル。1階に160台、2階に240台収容できるようになる。

 市営地下鉄七隈線六本松駅出入り口や周辺バス停を雨にぬれずに往来できる通路も作る。利用料金は1日100円とする予定。

 福岡市が17年秋に実施した調査では、同駅周辺の放置自転車数は33台。5年前の3割ほどに減ったが、六本松には裁判所や検察庁、福岡県弁護士会館などが移転する予定があり、駐輪場の需要拡大が見込まれる。

 市は六本松の屋内駐輪場整備のため18年度一般会計当初予算案に約1億円を盛り込む。隣接する屋外駐輪場と併せ、計500台分を確保する。

=2018/03/06付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]