保育園移転費凍結求める 太宰府市民有志が陳情書

市長宛てに陳情書を提出した市民有志
市長宛てに陳情書を提出した市民有志
写真を見る

 太宰府市の市民グループ代表の渡辺厚生さん(79)ら市民有志が10日、2018年度一般会計予算に盛り込まれた「道路橋梁(きょうりょう)新設改良工事」のうち私立保育園移転費(約3億4千万円)の凍結を求め、楠田大蔵市長宛てに陳情書を提出した。「市議会予算委員会を傍聴したが(なぜ3億円以上も必要か)理解できなかった」としている。

 同予算は3月定例議会で可決した。渡辺さんは、市議会で市側の十分な説明がなかったとし「国の補助があるとはいえ、大金を簡単に出していいのか。市執行部は市民に分かりやすく説明してほしい」と話している。

=2018/04/11付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]