釜山市議会から訪問団 福岡市議会「親善交流進展を」

釜山市議会の訪問団を歓迎する福岡市議会の川上晋平議長(右端)
釜山市議会の訪問団を歓迎する福岡市議会の川上晋平議長(右端)
写真を見る

 福岡市議会と友好親善交流を続けている韓国・釜山市議会の訪問団が18日、福岡市議会を訪れ、川上晋平議長らと懇談して交流の発展を確認した。

 釜山側からはイ・ソンスク副議長ら13人が来日し、川上議長をはじめ交流を推進してきた議長経験者ら11人が出迎えた。川上議長は「両市議会の友好親善交流の進展が両市の発展につながる」と歓迎。イ副議長は「議会間の協力が未来志向で発展的な韓日関係を開拓してきた。さらに友情を深めましょう」と応じた。

 両市議会は2004年に友好親善に関する合意書を締結。翌年から交互に訪問する交流を続けていたが、昨年は日程が合わなかったため、2年ぶりの交流となる。訪問団は20日まで滞在し、観光施策をテーマに福岡市議会側と意見交換するほか、寺社などが並ぶ博多旧市街や市科学館を視察する。

=2018/09/19付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

西日本新聞のイチオシ [PR]